二日がかりのマーマレード
2013/02/26(Tue)
昨日月曜日は、日曜出勤の後の休日でした。
朝、夫がボンタンをたくさん買ってきました。
途中それでも姉のところで十数個差し入れしてきたといいます。

ちょうど、みかんのマーマレードがなくなって昨年お中元で頂いた高級そうなジャムを食べていたところでした。
三年前の夏、えいこうさんのなつはぜのジャム作りに刺激を受けて以来、ジャムやマーマレードはほとんど手作りです。みかんのマーマレードの前はりんご、そのまえは柿、その前は夏みかんといったようにです。
この手作りを始めて、おごはん大好きの私、近所の安くておいしい食パン以外では朝食を頂かなくなりました。お昼だってパンがいいなと思うときもあるくらいです。

夫が買ってくると、これでマーマレードをと思っているのは言われなくてもわかります。
高級そうなジャムは、りんご以外夏みかんもブルーベリーも我が家のほうがおいしくいただけます。自分好みに作っているのだからそれもそうです。
作り方をさっそくインターネットで検索してみました。だいたいは他の柑橘類と同じです。ただ、種に包丁で切れ目を入れて湯がくとその湯がき汁にうまみが出ますと書いてあるのは初めてでした。そして、外側の皮の白いところを取り除くと書かれてあります。

二十一個のうち十一個のボンタンを作ることにしました。
外側の皮は薄くむいで二度ゆでて、細切りにして一晩水にさらしざるにあげました。
白い皮は捨てました。
内側の皮は湯がいて湯がき汁とでミキサーにかけトロントロンにしました。
種も湯がき汁と一緒にミキサーに掛けて濾しました。これもトロントロンです。
トロントロンが苦いので不安でした。
ためしにそれぞれの材料を三分の一くらいおなべにとって、砂糖を400グラムくらい足して煮立ててみました。味をみると、苦味が程よくなっていました。夫もこれなら美味しいと、材料全部煮ることにしました。
子どもがいたころ使って以来、職場の祭りに貸し出すくらいしか使っていない打ち出しの大なべを取り出しすべてを入れ砂糖もレモンの絞り汁も大量に足しました。
煮立て上がって、底まで丁寧にかき混ぜてみると、大変!。底が焦げています。白っぽかったマーマレードがオレンジ色に急変しました。こげ色の皮も少しあります。これは大変!大きくて深いなべにとどくおたま。そういえば、おなべを買ったときおまけにつけてくれたでっかいおたまがありました。
流しの奥のほうから取り出してみるとビニール袋の中で真っ赤にさびています。金タワシでこすりまくってきれいに洗いました。再度火を入れてかき混ぜながら煮込んでいきます。さらに黒いこげがちらほら見えます。
びっくり、おたまが、日本刀のようなピカピカのねずみ色になっています。きれいに洗い上げたおたまが、さらに一皮むけてしまったようです。酸化鉄入りのマーマレードになりそうです。一時間半混ぜながら煮込むうち、酸化鉄も大方掬い取って出来上がりました。
まるで『グリとグラ』のような二日間でした。

残りの十個のボンタンをどうするか今は考えられません。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『靖国への帰還』 | メイン | 『弱き者の生き方』>>
コメント
-  -
ご主人の「おもてなし」の解説、感服いたしました。以前鑑定団でほめられたと聞きましたが、何事にも妥協しない探究心は、まるで名刀をながむるが如しです。公民館に茶室のプレゼンをしたとありますが、さすがです。私などは、町内会館を役場が建てくれるるといった時、炉辺をほしいと提案しましたが、却下されました。役員会で、ホッケの一夜干しなどを持ち込んで、酒でも飲みながら、まちづくりを語ろうとしただけですが、酒を飲みすぎるに違いないと、相手にされませんでした。もし町会が一つになったら、その拠点施設には、廃止した保育園をみんなで改造し、炉辺をつくり、酒でも飲みながら老人たちを集め、ワイワイやろうと思っています。函館市長にそのことを話したら、それはいいことだと言ってましたけど。
2013/02/28 12:45  | URL | かわぐちえいこう #-[ 編集]
-  -
 「おもてなし」の解説。なにも感服することはないのです。茶室を建てさせていただいたのは仕事ですから当然といえば当然です。
 それより、北海道の大雪でのニュースは気の毒です。
 えいこうさんの椴法華の様子はどうですか。
 お気をつけください。
 
 
2013/03/06 02:01  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/566-37aecafb

| メイン |