『真昼なのに昏い部屋』
2013/03/24(Sun)
 江國香織著 『真昼なのに昏い部屋』 を読みました。
 この本もみどりさんからの贈物です。
 朝食の片付けのあと読み始めて、間に昼食や庭の掃除を入れながら、スラスラ読んで健やかな一日をすごしました。
 でも記録を書くのは次の日通勤の行き帰り、車の運転をしながら考えましたが、いつも以上に難しく思いました。
 でも今日になって、放っておいたら忘れてしまうのでとにかく記録することにしました。

 主人公の美弥子は、会社経営者の親の家業を受け継いで社長の夫とは、子どもはいないものの安定した家庭の主婦です。
 特別美人ではないものの小柄で可愛い性格で、働き者で、いつもきっちり家庭を整えていきます。夫ひろくんにとっては過ぎた妻です。その妻と近所に住むアメリカに妻と子どもを残して来日している大学講師のジョーンズとの優しくさわやかな不倫物語です。

 昨今身の回りでも職場でも離婚は日常的ですが、離婚原因が不倫によるものは珍しい気がします。
 まじめで働き者とはいえ、苦労知らずで育ち、何不自由のない結婚生活をしている世間知らずの主婦の過ちからおこる離婚。家の中ではきちんと暮らせるのに、外の世界を知ってしまった。そのときの対応が・・・・。
 ふと私の若く32歳のころのことを思い出しました。
 広島大学の教育学部に社会主事講習を受けに行っていた夏のことでした。
 主任の若い先生に、「あなたは、まるで知らないことは罪だと思っているように勉強するね。」といわれました。そうです。わたしはそのころなぜか知らないことは罪だと思って勉強している思いがありました。言い当てられて驚いたことがあります。
 美弥子さんの夫ひろくんへの罪は深いものがあります。
 現代結婚は契約でもあることを知らなければなりません。
 そういえばそのときの主任の先生であった助教授、数年ののち女子学生への猥褻行為がニュースで流れました。 真意のほどはわかりませんが複雑な思いでニュースを見たことを今思い出しました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(6) | TB(0) | ▲ top
<<早松茸(サマツタケ) | メイン | 『歌舞伎のかくし味』>>
コメント
-  -
『「あなたは、まるで知らないことは罪だと思っているように勉強するね。」といわれました。そうです。わたしはそのころなぜか知らないことは罪だと思って勉強ーー』
こうした深山 かすみ様とのご縁が出来、幸いなことと思っています。
私の場合は骨折って勉強には至りませんが、世の中とは自分が知り得ないことが殆どで、自分が理解している範囲は微小ですから、知ったかぶりをせず、心を広げ吸収しようという思いだけは、常に失わずにきた思いがあります。
 この小説はNHKの朝ドラの後に、時々入る小説などの紹介、解説が魅力的で買いました。
不倫というようなテーマで括れない、澄んだ気配が漂っている不思議な内容、作風であるというような解説に惹かれてしまいました。
結婚しているのだから他の異性にはまったく興味がないという方々も多いのでしょうが、私の場合ですが、男女に関わらず、魅力ある人に惹きつけられ悩む時があります。
「君の美しい人という基準は甘すぎる、いつもそうか!と見ると、僕にはなんでもない女性ばかりだ、何処が綺麗なんだい」と夫に言われ続けてきました。
良いのか悪いのか、自分をブスだブスだと感じながらきましたので、どのような人にも美を感じ、憧れてしまうのです。
あかね様も、ご夫君の言から察しますと、美しく聡明な方だと感じております。
 本の内容に戻りますと、期待した程の詩的描写は少なく、共感も少なかったのですが、これはダメと切り捨てるには惜しいとは思いました。
著者の衰えない人気は、若さに任せたものだけではないような発展性を感じて読み終えましたが、こうして書評を書いて頂きますと、色々思い出します。

2013/03/28 11:53  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 「知らないことは罪だ」なんてどうしてそんなことを思っていたのか今となっては不思議です。そして今になって思えば「何を知らなければならないのか」もきっとわからなかったのです。周りの人を見る余裕がまったくなくて自分のことで精一杯だったんだなーって思います。

 暗くおどろおどろしく描かれがちな不倫を、これほど、美しくさわやかなに描けてることに、結構はまって読んだりもしたのですが、離婚までして最期のページで不倫相手に飽きられる部分を読んでしまうと、これほど美しく不倫による離婚を書かれたことにちょっとムッとしてしまいそうです。
 近年、職場で預かる子どもさんの約半数の家庭が一人親です。
 子どもが荒れているなと思った矢先に離婚されたりします。
 小学校の低学年でこの数字ですから、中学を卒業するころにはどうなっているでしょうかと気になります。 
 夫婦でお互いがんばってもがんばっても共に子育てをするには難しい経済状態が家庭崩壊になっていったのではないかと思えるケースが近年の離婚原因の傾向のような気がします。離婚をしようと思って結婚した人はいないと思います。そんな時、心細くも一人で子育てすることを決意してがんばっておられるお母さん。
 頭が下がります。
 こんなお母さんが、下を向かず、子どもたちにも笑顔で接することができるにはどうしたらよいか、毎日考えない日はありません。

 「そうか離婚の原因に不倫もあったか。それってあり!?」と思ってしまうのです。

 子育ても終わって、弘兼 憲史の『黄昏流星群』のような世界は私の所属するスケアダンスの世界ではよくあるケースのようで、それはそれで結構なことだと思います。(我が家には広兼憲史のコミックはかなりあってよく読まれています)

 
2013/03/29 00:17  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
-  -
3月22日以降、霞様の書き込みがありませんが、お身体の具合が悪化していませんか。気がかりです。
こちらの、あかね様の旺盛な読書録もお休みで、どちらも何事もなく、ただの多忙ならいいのですが、どうぞお元気でお過ごし下さいませ。
 お二人の元気なメッセージが、私にも刺激となり、書き続ける気持ち等を下さいます。
2013/04/05 10:29  | URL | みどり #-[ 編集]
- みどりさんへ -
お心遣いありがとうございます。
アスベスト肺で亡くなられた方の裁判の後の資料作り(次回は4月26日)や、勉強、気はあせるものの手につかず、イライラしているようなので体調が思うようにならないのかもしれません。それでも年度末、年度始めと超過勤務が続き、さらに歓送迎会などがあって疲れる私のために買い物と食事の準備はきっちりやってくれます。
3月29日に春休みの孫を連れて山登りをしたのも二人に大きな疲れを残しました。
昨日ころから体力に少しゆとりが出てきて大洗濯をしたり、庭の掃き掃除をしたり、下駄箱の上を拭いたり、親戚づきあいをしたり、裏庭の花海棠を職場に持っていって花瓶に挿したりしました。
私の読書は、『一瞬の風になれ』3巻で大いに盛り上がり、暇さえあれば夢中で読みました。各大会を自分も走っていると錯覚して力が入りました。ほんとうにいい本を頂いたと感激しながらの読書でした。
ありがとうございました。
読み終わって1週間は過ぎたと思いますが、いまだにブログに書けないでいます。もう少ししたら書こうと思っています。

2013/04/05 19:54  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
-  -
 そうでしたか。
幾らかほっと致しました。
「一瞬の風になれ」あれは、私もスポーツの素晴らしさに目覚めた本でした。スポーツには興味が殆ど無かった私でしたが、二人の男子の成長や、スポーツ好きにも触発されました。
少年たちが青春期に入る入り口で様々に悩んだりしながら、清々しく成長してゆく姿には、こちらも気持ちが晴れ晴れしますね。
喜んで頂き嬉しいです。
 春の忙しさを越えましたら、また片付けの助けをして下さいね。
処分したいものが新たに出てきたのです。いずれご連絡致します。
2013/04/05 21:05  | URL | みどり #-[ 編集]
- みどりさんへ -
 お心遣いうれしいです。
 楽しみにしています。
2013/04/06 06:23  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/570-7159cb64

| メイン |