『ちひろ 愛の絵筆』
2013/04/26(Fri)
滝いくこ著 『ちひろ 愛の絵筆』 を読みました。
サブタイトルに-いわさきちひろの生涯-とあるようにいわさきちひろの生涯がつづられています。
文末にちひろの一人息子の猛によって編集された年表があります。
知弘は1918年(大正7年)12月15日に、父は建築家、母は女学校博物家事・理科の教師で、1歳年下と4歳年下の妹の3姉妹の長女として生まれます。小学生のときから学業・スポーツ・絵画にすぐれていました。
14歳 黒田清輝の後継者岡田三郎助に師事。
17歳、第六高女補習科のとき朱葉会女子洋画展に入選。
18歳 藤原行成流の書を小田周洋について習い始める。
20歳 3月婿養子を迎え結婚。満州大連へ行く。冬夫の自殺により帰国。
21歳 中谷泰に師事、書道を文化服装学園で教える。
25歳 5月満州没利女子開拓団一行と共に、中谷泰、ちひろ、妹世史子とその友達5人で渡満。8月帰国
26歳 5月10日東京大空襲で家を焼かれ母の実家(長野県松本市)に疎開。
27歳 長野県で日本共産党に入党。秋、日本共産党宣伝芸術学校にはいるため上京。人民新聞の美術記者とな
り記事・カット・挿絵を書く。
28歳 前衛美術会創立に参加。日本美術会・日本童画会に入会。
画家として自活することを決意。神田ブリキ屋の二階に下宿する。
30歳 日本共産党の活動のなかで松本善明と知りあう。
31歳 1月21日、松本善明と結婚。前年出版の『お母さんの話』文部大臣賞を受賞。
32歳 4月長男猛誕生。
33歳 練馬区に家を建てる。
38歳 小学館児童文化賞受賞。
41歳 サンケイ児童出版社文化賞受賞。
43歳 教科書の絵の再使用に抗議。
44歳 自宅を増築して松本善明の両親をよびよせる。
45歳 画家の著作権擁護に積極的に取り組む。 
48歳 松本善明衆議院議員選挙に当選。
51歳 母文江、前年脳血栓で倒れたのを、自宅にひきとる。
53歳 『ことりのくるひ』でボローニア国際絵本展グラフィック賞1席
    代々木病院に入院。
54歳 秋、発ガン再入院し、小康を得て退院
55歳 3月再々入院。8月8日逝去。病名は原発性肝ガン。『赤い蝋燭と人魚』が遺作。

 この年代表を略して記しながら、自分の生活のため、そしてさらに夫を支えるために、そして二人の愛と平和を求める心情を表現するために描き続けた生涯の本文を思い起こしておりました。
 いわさきちひろの絵というと十分に承知しておりましたし、彼女の夫が松本善明氏であるということも十分に承知をしておりましたが、彼女の生い立ち、絵への挑戦、松本善明との結婚へのいきさつとその生活についてははじめてしりました。
 はじめの結婚。夫の自殺によって、その結末をむかえ、「南無妙法蓮華経」と丁寧な文字で日記帳の紙面いっぱいに書き連ねる日々から、松本善明氏に出会うまでに、宮沢賢治に陶酔し、描かれた素朴な自然、自然がかもしだす幻想的な雰囲気、彼のヒューマニズムに影響を受けたことが、それからの人生を切り開く大きな力になったことが印象的でした。「世界ぜんたいが幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」という賢治の思想に合致した松本善明氏にも改めてその人柄に深く感銘をしました。

 この本もみどりさんから頂きました。
 絵や写真もかなりあって、視覚的にもいわさきちひろをとらえられ、元気をいただけた一冊でした。
 東京にいくことがあったら、彼女の絵本美術館を訪ねたいねと夫が地図で調べてくれたり致しました。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
<<『母さんの樹』 | メイン | 『一瞬の風になれ』>>
コメント
-  -
 いわさきちひろさんの挿絵が10代の頃から大好きでした。
ちひろ美術館が出来て間もなくの頃、幼かった長女と妹の一家と連れ立ち上井草だったと思いますが、その美術館を訪れ、ますます好きになりました。
その後は行く機会も作れず、信州にも建設されているという美術館に憧れながら、未だ行く折がありません。
やさしいだけの挿絵画家ではなかったですね。
松本善明氏のお人柄にも共感する処が多々ありました。
「赤い蝋燭と人魚」が絶筆になったことは記憶から薄れておりました。
今も古びた此の絵本が手元にありますが、子どもが巣立って、見直す折もありませんでしたが、近々、読み直してみようと思いました。
 俵万智さんの短歌の本にも、ちひろ美術館保存の絵画が使われたりしていますが、猛さん由理子さん(漢字ちがうかも知れません)ご夫妻などが大事に継承し、ちひろさんの平和への遺志をも受け継いでおられますね。
2013/04/29 20:40  | URL | みどり #-[ 編集]
- みどりさんへ -
 この本もみどりさんに頂かなかったら出会えなかった一冊でした。
 感謝、感謝でした。
 巻末の年表。誰かの人生をこのように年表で知ることは、その人への理解を深めたいときに本当に役立ちますね。
 美術館にはもう行かれたのですね。松本にもあるのですね。行けたらいいなと願っています。
 表現を極めるのに用紙に工夫を重ねていく部分は、花てぼさんの書道へのこだわりを思い起こしていました。死因となった原発性肝ガンのことを思うと、筆先にもこだわりを持ち工夫をしている間に絵の具の影響を受けられたのかななどと思いました。
2013/04/30 07:44  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
-  -
賢治の「世界全体が・・・」という言葉、安倍首相は知らないのでしょうね。政治かたる者、かみしめてほしい言葉です。
2013/04/30 11:42  | URL | kawagutieikou #-[ 編集]
- えいこうさんへ -
 恥ずかしながら、私も若い頃からこの言葉は知っていて尊いことだと思っていましたが、実感できたのは東北の震災以降です。そして原発事故(人災)以降です。
 さらに、私が知る人では原発再開に誰一人賛成する人はいないのに、安部政権になって政府に再開の意思が強いことを感じるようになり日に日に人生に強い挫折感を味わっています。
 もうほとんど五稜郭に立てこもっている気分です。
2013/05/01 07:47  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/573-79844ae5

| メイン |