『マザー・テレサへの旅』ボランティアってだれのため?
2013/06/27(Thu)
 寮美千子著 『マザー・テレサへの旅』ボランティアってだれのため? を読みました。
 ボランティアの旅って、どういうものなのか。
 もちろんみんな同じではないでしょうが、素朴にボランティアの旅ってどういうものなのかかけらでも体験してみたい。自分にどれだけのことができるのか。本当に誰かのためになることができるのか。そしてそれは自分の人生にとってどういう意味を持っているのか。そんな質問に答えてくれる本でした。

 みどりさんからいただいた本です。

 遠く異国のカルカッタまで行き、マザー・テレサの働く施設でのボランティアをします。施設に行き着きボランティアの手続きをする時刻は短く、すぐ時間が決められ、障害のある子どもの糞尿の始末よだれの始末、いざりよって体をもたせ掛けてくる子を抱いてやり、午前中4時間でぐったり疲れる毎日です。
マザー・テレサに会見の申し込みをすると、インタビューにはお答えできません。日本の子どもたちへのお手紙をお渡しいたしますと、一瞬会って自己紹介をすると微笑んでくれ「神の祝福を」と頭の上に手を置いてくれ、手紙を渡してくれました。

 カルカッタに行く交通費とホテル代を寄付するほうが、よほど人の命が救われるという現実の中で、なぜ自分はこの体験をしようとするのかを自分に問い続けます。

 今、職場でボランティアに卓球教室、本の「読み聞かせ」、に毎月地域の方が来てくださいます。7月13日の施設の祭りには40人近くのボランティアの方が協力してくださいます。そして中学生のボランティアが6名です。祭りの準備もさることながら、暇々に、このかたがたへお土産の手作り作品を作り、お菓子や飲み物の買出しと忙しくしています。この日は、カレーの炊き出しをしてくださるのですが、ボランティアのかたがたをも含めて230人分のカレーを作っていただく予定です。このかたがたが施設にかかわることで何を感じてくださるでしょうか。ひるがえって、そのことに思いを寄せることのできる一冊でした。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『ワンピース』 | メイン | 『八月の路上に捨てる』>>
コメント
-  -
 此の本を見つけた時、まず最初にマザーテレサという女性の姿、本当の処を知りたいと思いました。
数年間、教会へ通ってもキリストや神を信じて生きられなかった私ですが、神を心の拠りどころに生きるマザーテレサには感動しました。
私はあのように強い女性を他に知りません。
ただひたすら人に尽くして、何の報酬も名誉も望まず生きられるのですから、心の大きさ豊かさに圧倒されました。
一歩でも二歩でも近づけたらと思いましたが、日本では真のボランティア精神が浸透していない気がします。
私など何かをして、時には人に喜んで頂ける時もありますが、その内容の殆どが自分の喜びの為でしかなく、心の貧しさを感じます。無私になることは楽ではありませんね。
ボランティアというものは難しいものだと、強く痛感しております。

2013/06/29 00:01  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 何はさておき、みどりさんは多額の送料を使って私に本を贈ってくださるし、脱原発の行動をしてくださるので、私は本を読んでいろいろ学ばせていただけ人生をより豊かにさせていただいており、行動で力づけられ、ありがたいと思っています。
 私も、本を見たときマザー・テレサの生まれとか生い立ち、信条や日々の生活、ボランティアについての思いなどに触れることができると一瞬ワクワクしたのですが、読んでみると、そういう人はご多聞にもれず語る暇に働くといったことでした。
みどりさんの思いは著者の思いでもあることで、読者みんなの思いでもあるように思います。いまの日本では、困った人のために何かを具体的に考えたときに、必ず突き当たるのが、困った人を助ける事業というのがほとんどすでにあって、有資格者の既得権益を侵すということになりそうだということです。
夫のアスベストの問題でも、自分が長年苦しんで、その原因がわかり、それでかつて同じ仕事をしていた人はどうだろうと数人の人を訪ねて手帳交付の手続きを手伝ってあげたり、近所で知り合いの方が病に倒れられ、それがアスベスト肺であったことから我が家と同じ共産党系の民主商工会の労災保険をかけていたことを聞き出し、白を切ろうとする民主商工会事務局長に怒鳴ってかつての書類を出させ亡くなる直前に手続きをしたりと、既得権益を排除して進むには一筋縄ではいかないということもたびたびでした。みんなで協力して助けてあげるということになるようどうしたらいいかと今はそのことに精力を使っているようですが、あまりにも遠回りで、被害者がそのまえに倒れてしまいそうです。別の人ですでに亡くなっておられて奥様が裁判をされている方も、先日娘さんと我が家に話を聞きにこられました。それを聞いて、私も奥様の体が持つかどうか心配していたのでほっといたしました。こんなこともひいては夫のためになっていると確信しています。
2013/06/29 20:07  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/587-908425db

| メイン |