「金魚繚乱」
2013/09/27(Fri)
岡本かの子著 「金魚繚乱」 を読みました。

 真佐子は崖上の資産家の娘で、崖下の金魚屋の息子復一は真佐子の父から学資を仰ぎ、理想の金魚を作るための研究生活を続けさせられています。復一の描く理想の金魚とは真佐子のような美しさを持っている金魚です。真佐子はただ「見ていると何もかも忘れてうっとりするような新種を作ってよ」と、お産を控え自分に生まれてくる子どもよりそっちのほうが楽しみとのんびりと期待をかけます。
 復一の運命はそんなことばに身も心も縛り付けられてしまいます。
 真佐子の生まれつき芳醇な美を余すところなく持ち合わせた生命力の前に、位負けしてコンプレックスに打ちひしがれてなおその美にとりつかれていく復一です。もちろん真佐子への想いは思うに任せませんが、最後に真佐子がうっとりするほどの金魚を作って終わるところが話の救われるところです。
 岡本かの子に心酔していた瀬戸内晴美の解説によると、この作品も当時の文壇の話題の中心になり、賛否両論が姦しかったようです。
 否のほうでは、文章の抑制のなさ、感情過多で大仰な美辞麗句の羅列に辟易する、質素や簡素に美徳や美を見出す人にはかの子の表現過多な厚化粧のような文章に嫌悪するとか、
社会主義陣営や、早稲田リアリズム派は現実遊離のプチブル的有閑文学で、そのビフテキの血の滴るような感じや、日本人には珍しいナルシシズムの手放しの表出装飾過剰の文章が非難の対象にあげられたなどと述べられています。
 一方、岡本かの子はこの小説を書いている時期に、ひたすら歌・雑文・小説を書き、同時に仏教の講演も頼まれれば北海道から台湾までどこまでも出かけているようです。

 私もどちらかといえば、質素や簡素に美徳や美を見出す類の人間ですが、仏教美術に接するとき、簡素な表出がある一方、敬虔な僕たちに取り囲まれたうっとりするほど豊穣で優美な肢体の仏たちとそれを取り巻くあでやかな絵画に出会ったりします。これらの絵画はいったい何を見る人に訴えたいのか考えさせられます。

 長く厳しい修行を積んで悟りを開く人もいるのでしょうが、絵画の中に、仏の慈悲が余すところなく与えられることを感じて、直感的に悟る人もいるのでしょうか。あるいは、悟りの境地というものはこのようなものですよと伝えたいのでしょうか。

 岡本かの子の作品には長編はありません。
 この作品も短編です。
 短歌も詠まれる方の小説だからでしょうか、表現が独特で、読んでいて、状況や情景が正確に掌握できたか不安です。
 それでも読んでいるときは、話の筋の面白さに惹かれて読むのですが、読み終わってみると、一幅の絵を鑑賞したような気持ちになるので不思議です。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『小説 鶴彬 暁を抱いて』 | メイン | 『私の履歴書』>>
コメント
-  -
「金魚繚乱」は、確かに濃厚な描写がありましたね。
此の本は川崎市で「岡本かの子を学ぶ」という30人限定で開いた文学講座「全10回」での講義資料ともなり、講師の女性の方から、物語の背景などの解説を頂きながら、色々考察し愉しみました。
10数年前になりますが、おかげで沢山の岡本かの子の著作を眼にすることが出来た、思い出があります。細部は忘れていますが、かの子さんという女性は、大きな金魚のような眼をした方のように思ったことがあり、ナルシスト的な感じも受けました。
一番すごいと感じた点は、ご自分の心に正直だったことでしょうか。
2013/09/27 16:55  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 10回も岡本かの子について学ばれたのですね。楽しそうです。 さらに地元の作家ということになると、ひときわですね。
 賛否両論あるという、両方の好みに親しむことができますし、人生の中でも好みがゆれますし、深められますよね。
 めったに遭遇できない、あるいは遭遇していたとしても見逃してしまうかもしれない女性、岡本かの子の深層心理に触れたり、その人生を知ることができたことは、唐突な喜びでした。
 崖上のお嬢様父子から、江戸時代のお殿様などの気分もすこしつたわってきたような気もします。
2013/09/28 10:51  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/607-eec7ea38

| メイン |