『北村愛子詩集 証言 横浜大空襲1945年5月29日』2
2013/10/30(Wed)
 北村愛子著 『北村愛子詩集 証言 横浜大空襲1945年5月29日』を最後まで読みました。
 八歳のとき、横浜で空襲にあい、命からがら逃げたときのことをあるいは戦争に行って帰らなかった人のことを歌った詩です。
 最後に、
 ≪今のわたしには、今世紀の戦争の全体像をとらえることはむずかしく、更に最近の情報の多様化には一層困難 にさせてしまっている。しかし、それとは別に半世紀前小さな子どもの体験した事実をそのまま書き残すこと  で、たとえそれが一個人の狭い範囲のものであっても戦争の残酷さを知ってもらうことは無駄なことではないと 思ってきた。≫
とかかれてありました。
 誰か全体像を知ることができるでしょうか。
 ですが、そのときには誰もが戦争を知らずにはいられなかったでしょう。
 個々の戦争体験が戦争そのものだと率直に感じさせる詩の数々でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『炎のあとに、君よ』 | メイン | 『北村愛子詩集 証言 横浜大空襲1945年5月29日』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/615-ba49d22d

| メイン |