『からゆきさん』
2013/11/28(Thu)
 森崎和江著  昭和51年出版『からゆきさん』 を読みました。
 この書もみどりさんからいただきました。
 正直大変読みづらい本でした。
 読みづらいながらも、なんとか最後まで読み終え、最後に、あとがきともいえる「余韻」を読み、改めて書き出し部分を読みかえし、読みづらかった原因がすこしわかったようなきがしました。
 著者は、「からゆきさん」についてなんらかの知識をさほど持ちえていなかったのかもしれません。ところが、友人の綾さんを理解しようとして、彼女の養母が「からゆきさん」だった影響でなかなか理解できないので、「からゆきさん」について調べ始めたのかもしれません。調べていきながら、たとえば、明治時代の福岡日日新聞の関連の記事の背景などから彼女の養母おキミさんを重ねて理解できる部分を書き綴っていったのではないかと。
 文中、福岡日日新聞の記事の抜書きがおおくあります。その抜書きの背景を知るためにほかの資料・文献などを調べたり、「からゆきさん」だった人を訪ねてお話を聞いたりして、理解しようと努力すればするほど生身の女として到底理解できない葛藤があったと思われます。それだけに執筆中、日本を捨てたい気持ちにもなり編集担当者をこまらせたと告白しています。
 この本の中で印象に残った、「戦後の貧民」と題して一米国人の観察が福岡日日新聞紙上に米紙から転載された記事を書き記しておきます。
≪「村と言はず圃と言はず、所さだめぬ海人の釣り船の上にまで課税の手は容赦なく及び、」、貧民は苦しみ、「アジア人特殊の下等室に」男女が満載されて米国に出稼ぎにでる。
貧民が多すぎるので「数千の移民は朝鮮や台湾に輸送されるが」、いなかからは大望をいだいたものたちが絶えず東京へでては、都市の貧民者を圧迫している。「独占事業など言ふ舶来の事業が」ふえて、高価なものを人民は買わされ、「可哀そうに人民は重い税と、少数の金持ちの懐中を肥やすために、なけ無しの銭を搾られている。」
 マッチの燃えさしや魚鳥のはらわたを大切そうに拾ってゆく人、仕事がなくあぶれているものたち、資本家は弱者を責め、小児を保護する法律もないため幼い者も工場で使われ、「其無慈悲なこと恐らく世界一であらふ」、などと書かれている。戦費を消却するための課税の重さや、工業法さえない資本の独占化の過程が、アメリカのジャーナリズムの目に、アジアにおける支配国の裏面を感じ取らせたのであろう。≫
 ※文中の「」が、何を意味するのかわかりません。
  日本人労働者が国外で目につくようになったのはいつの頃からでしょうか、古く支倉常長がイスパニア・ローマに使いで行く途中、港々で多くの日本人労働者を見たと何かで読んだことがあります。日本国は技術立国以前は卑弥呼の時代から、人身を資源の一部として成り立たっていたのかもしれないとも思える本でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
<<『自決 こころの法廷』 | メイン | 『白蓮』娘が語る燁子>>
コメント
-  -
 ご紹介、ありがとうございました。
あかね様が読み説いて下さる中で、色々失っていた記憶が戻りました。
お疲れ様でした。おっしゃる通り、面白味のない読みづらい本でしたね。よくぞ最後まで読まれました。
私は途中で嫌気がさして、前半3分の1位を読んで、最後の方を読み終えました。その後やはり中頃も読んでおこうと思い返したのですが、読まずに放置してしまったような、今思い返しても曖昧です。
 此の本を求めた動機は単純です。「からゆきさん」という娼妓のような暮らしをした女性たちが、実在したことの事実を知りたかったのです。
朝鮮人、現在は韓国を指す場合が多いようですが、無理強いされた従軍慰安婦については、かなり多くの書籍を読みこなしましたが「からゆきさん」については無知に等しかったのです。
今ならネットで、調べることが出来たかも知れませんが、当時はなかなか学ぶ機会を得ませんでした。
今でも、殆どその実態を知らないと言えます。
 最後のご指摘のように、東北をはじめとした貧しい農村などから子供に近い少女などが製糸工場などで働かされ、それすらも許されず色町に売られました。或いは自ら外国へ春を売りに行く女性も存在したのですね。
貧しい人間が資源であったことは間違いないと思います。
 友人の一人が熱心に女性史を研究していましたが、私は働くのに精いっぱいで、深く関われずに終わりました。
それでも大正、昭和の初め頃に女性解放をうたい上げ、時代を切り開いた先駆的女性の有り方には、色々学ぶことがありました。その反面で、解放などとは縁のない極貧の少女や女性が、いかに過酷に虐げられてきたかにこそ関心がありました。
 私も疎開先から戻ってからは、貧しさに苦しみましたので、共感が深かったのです。
2013/12/01 00:24  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
ご主人へのコメントが入りません。とっても理解できましたと伝えてください。
2013/12/01 14:46  | URL | かわぐちえいこう #-[ 編集]
-  -
 ブログ記事、いつもていねいに読んでくださって、心をこめたコメントありがとうございます。
 島原の乱を主題にした本を10年うちわに2冊読んだとの記憶があります。当然「からゆきさん」のことにも触れてあり、キリスト教であるために堕胎をしないので子沢山が多いとか、火山灰で作物が取れないとか、領主が奈良の出身で、寺院が領民から取り立てたいほど取り立てる体質が抜けていなかったなどと書かれてあったようにおもいます。
 しかし、当然のことのように身を売られてゆく娘たち、あるいは自ら故郷を捨てなければならない娘たちの心をこれほど正面からうけとめるものではありませんでした。読みにくい本ではありましたが、つねに虐げられた人たちに向き合おうとされるみどりさんに、寄り添ってみようとの思いで、最後まで読み終えることができたと思います。
 著者のつらくても伝えなくてはならないと懸命に書き綴られた作品を、生身を引き裂かれるような苦しみとともに私なりにどうにか掴み取れたと思っています。
 ありがとうございました。
2013/12/01 19:19  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
- えいこうさんへ -
 伝えます。
2013/12/01 19:24  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/618-4046004f

| メイン |