『二十世紀最終汽笛』
2013/12/20(Fri)
 浅井慎平著 2001年発行の『二十世紀最終汽笛』 を読みました。
 みどりさんからいただいた本です。
 読みながら、
  これほどに虫はパセリを食いつくし
  パセリだけ食って生きてる虫もあり
  白皿に残ったパセリのあざやかに
  真夜中に目覚めて読んだ黒い本
の句を作りました。

 著者の浅井慎平。本の最後の著者略歴を読むまでテレビで見た顔しか知りませんでした。
 著書は見開きに、一句の背景に写真という構成の句集です。
 句は難しすぎて私には理解できないものがほとんどでした。
 それで感じとるだけにしました。すると感じ取れない世界が浅井慎平なのだとわかってきたのです。まるで、我が家のパセリをすべて食べつくした夏の虫のように、多くの人が食べ残すパセリだけをたべて成長したあの虫のように。
このように書いてみると、あの夏の虫が私だったと気づきました。すみません。
でも、これならわかるというのもありました。
 画布に青塗りこめて夏過ぎる
 積乱雲故郷などなく粗々し
 侘助と見知らぬ人を名づけたり
 本閉じて花降る午後となりにけり
 再会の友よマルキシズム忘れ花
 始まりも終わりもなけれ冬銀河
 本の最後の句は 新世紀皇帝ペンギン直立す です。
 偶然昨日、職場で「南極ってなあに?」というイベントをやりました。息子さんが海上自衛官だという地域の方がおられて、48回と49回の南極観測船しらせで南極に行ったことを話してくださり、若い頃、アムンゼンや白瀬の本を読んでいたのが甦り意気投合してそのときの記録映像のDVDを子どもにも見せようということになり実施しました。
皇帝ペンギンの映像になると子どもたちは大喜びでした。
 著者は21世紀を迎えるさまを皇帝ペンギンのすがたになぞらえたのでしょうか。
旧世紀末、いろんなところで、「来るべき21世紀には・・・・・・」という偉い人の話を聞きました。それから13年、思っても見なかった東北の震災、原発の破綻、いかに原子核が人間の手に負えないものかということを思い知らされました。くわえて、新自由主義の手ごわさも身にしみてきました。
 皇帝ペンギンは今何を考えているでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『白蓮れんれん』 | メイン | 『自決 こころの法廷』>>
コメント
-  -
 私は自分では満足な写真を撮れませんが、写真を観るのは大好きです。絵画も同じです。
同じ姉妹でありながら何故か今でも疑問なのですが、4人姉妹の中で私だけが特別絵が下手でした。下手と言うより動物など描いても誰も識別できないような絵となり、こうしたコンプレックスが写真や絵画に書道に才能を顕す方々に、畏敬を抱かせてきました。
 浅井慎平氏の写真と俳句も現在は触れていませんが、様々に触発されました。
 来年は、私も好きになれそうな自分の短歌に、写真を入れ一日1首を掲載するのもいいかなぁ~と考えはじめています。
 あかね様のパセリの句、光景がくっきり浮かんで好きになれました。
自信をお持ちになり、今後もどしどし創作続けて下さい。
私は30年あまり短歌にはまったく興味が湧かなかったのです。
詩作に行き詰まり、もやもやしている時に、志村様から「一日1首でも歌にしブログ続けたら・・・」と勧めて頂きました。
あかね様なら思いがけない生き甲斐になるような気がしてなりません。お互いに頑張りましょうね。
2013/12/20 17:46  | URL | みどり #-[ 編集]
- みどりさんへ -
 昨年にこんなにうれしいコメントをいただいていたのに今頃の対応になってしまいました。
 忘年会などに心を奪われて、ブログが留守になっておりました。今日からまたブログと付き合っていけたらと思っています。
 自分勝手な私ですがブログ仲間に入れていただけていることを幸せに思っています。
 今年もよろしくお願いいたします。
2014/01/02 19:28  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/620-8410b043

| メイン |