『最後の花時計』
2014/01/27(Mon)
 遠藤周作著 『最後の花時計』 を読みました。
 この本もみどりさんからいただいたものです。
 遠藤周作といえばなつかしく、サルトルやボーヴォワール、北杜夫や、曽野綾子、三浦朱門などを読んでいた若い頃のある時期、遠藤周作の狐狸庵山人の作品も楽しみに読んでいました。
 これらは、読んでいたことは覚えているのに内容はまったく覚えておらず、読んだ本は我が家にはなくて、私が読んでいない彼らの小説が夫の本棚にあったりします。
 この作品はそれからずっとあとで執筆されたものです。
 1993年12月から1995年4月まで「産経新聞」に掲載されたものが本にまとめられています。
 「執筆の苦労」の章に、この執筆の期間に、新聞の連載ものの小説も書いておられることが書かれています。新聞小説の難しさを訴えて、喘ぎ喘ぎ書いているということで、この作品は、その息抜きに書いておられる感じです。
そのため縁側で世間話をしているような気楽さで読めました。「そうそう、そうですよ。」と世相への感想や政談などには、相槌を打つことばかりでした。
 細川内閣のときのことは、赤坂政治がなくなったことを褒めていましたが、執筆中に彼が若い時期を過ごした阪神に阪神淡路大震災が起き、そのことにも多く触れ、時の村山内閣の対応の遅さに憤っている文章も多くあります。村山内閣には、そのほかの批判としては、社会党の理念が政権に埋没する状態への非難があります。
 そのほか、いじめや少年犯罪や母親などによる虐待に、そして週刊誌やテレビ番組やコマーシャルなどを取り上げて将来の日本人の道徳観を憂えています。
 また、著者は作品の中で、友人などの死の知らせなどへの感想を書きながら、彼岸を見つめられているのではないかと感じる部分があって、はっとさせられました。
 クリスチャンであった彼を、彼岸を見つめるという表現でその様子を表してしまう私にも、遠藤周作の感じていた「日本人のキリスト教者」と共通の部分があるのかもしれません。
 読み終わって、そっと本を枕の向こうにおいて、目を閉じ、このまま目覚めなくても、それもありかな、などと思ってしまいました。
 
 大切なことを書き忘れていました。
私たち世代は戦後生まれで、戦争の悲惨さを知りません。しかし、読んでいた書物にはこの遠藤周作の作品にあるような「あのアベックが幸せそうに歩いているまさにあの通りが空襲で被災死した人が山積みされていたところだった、」などと、かっての戦時中の異常に悲惨な光景を目の当たりにした文章に多く出会って、平和の有難さやその意味を感じて育ちました。
 今の若い人たちは、戦争は昔話のように思ってゲームなどに明け暮れています。とても平和で幸せなことですが、人間の心はもろく、いつでも自分の心の悪に引きずられる弱さもあるということが、彼の日本の将来への危惧となって随所に述べられており、あらためて今戦争を経験された方の体験や思いを語っていただきたいと思いました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『読んでみませんか 教育基本法』 | メイン | 『近松門左衛門』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/627-8752f1e1

| メイン |