『星をつけた子どもたち』ナチ支配下のユダヤの子どもたち
2014/02/21(Fri)
 デボラ・ドワーク著・芝健介監修 『星をつけた子どもたち』ナチ支配下のユダヤの子どもたちを 読んでいます。
 みどりさんに頂いた本のなかではずっしりと重い本です。
 ナチ支配下のヨーロッパに暮らしたユダヤの子どもたちの体験を扱ったものです。1939年にヨーロッパに在住していたユダヤの子どもの11%しか、大戦を生き延びえませんでした。そんななか子どもたちの記録を見つけ出すことがどんなに大変なことか。死を免れることができた数少ないこどもの多くは自分がユダヤであることを心の中から抹殺することによって生き延びることができたのです。
この本は内容が重いので、いろんな本を読む合間にぽつりぽつり読んでいこうと決めていました。
 こころのなかにいつも東北震災の被害者、そしてこの子供たちのことを考えている昨今でしたが、今朝、パソコンを開いてショッキングな記事に出会いました。

 ≪世界的ベストセラー「アンネの日記」の著者、アンネ・フランク(1929~45)の関連図書のページが東京都内の公立図書館で次々と破られ、少なくとも練馬、新宿、杉並の3区で計193冊の被害が確認された。さらに増える可能性もあり、図書館側は器物損壊に当たるとして警視庁に被害届を出すなど警戒している。≫

 という記事です。
 読者が読んで図書館職員に訴え出てわかったようです。

 先日我が家にも図書館から電話がかかってきたそうです。
 「指定講座から領収しました」の葉書が本に差し込んであったとの連絡だったそうです。夫は謝ったうえで、うちの奥さんは、読みさしに手当たりしだいそこらの用紙ををはさめる癖があるので、一万円札が挟めてあったら我が家のですからよろしくお願いします。といっておいたと冗談を言っていました。この1年数ヶ月、みどりさんに本を頂き、仕事関連以外では図書館を利用していませんので、挟めた時期はずいぶん経過しています。東京でのこの出来事の犯行がいつのことか分からないだけに犯人を見つけるのは難しいかもしれません。
 冗談を言っている場合ではありません
 ほんとうに世の中どうなっているのでしょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『風青き思惟の峠に』 | メイン | 『出会いに学び、老いに成長する』>>
コメント
-  -
 アンネ・フランクの関連著書を無惨に破り捨てた犯人、私もこのニュースにショックを受けました。
防犯カメラが設置されていた箇所も有るようです。
とにかく許せない犯罪ですね。
それに致しましても、何故に此のような反社会的行動に奔れるのでしょう。逮捕されたら先ず理由を問い質して欲しいと思っています。
 日々子ども達の健やかな成長を願いながら仕事を続けて来られたあかね様、きっと私など掴み得ていない子どもたちの闇の部分にも出会わすこともあったのだろうと思います。
そうした日常から、どのような犯人像が浮かびますでしょうか?
私など、無闇に腹立たしい思いに駆られるばかりで、何故?何故?と訳のわからない不安感に襲われるばかりで、最近の世相の荒れ方に茫然とするばかりです。
 ユダヤの子もパレスチナの子どもも、殆ど平和を知らずに育っています。それもごく一部分ですが。
ここ数年「パレスチナ子どものキャンペーン」というNPOから色々現地のニュースが届けられております。
東京は目白駅に近い教会で、そのスタッフの方々の現地報告、現況影像などに接する機会がありましたが、それは酷いものでした。
戦後の日本の貧しい子ども達が、焼け跡のガラスや鉄くずを拾い歩き、僅かのお金に換えたものですが(私も経験者)、今現在こうした行為をして生きている子どもたちが大勢いるのです。
ついつい精神が弱まり、こうした世界の現実から目を背けたくなるのですが、その一方では自分自身の底辺での人間としての誇りがうごめきます。
 ところで昨日は生のお声が聴けて嬉しかったです。
その上、度々あかね様とブログ上で交流出来ますことが、とても嬉しいです。
2014/02/24 11:35  | URL | みどり #-[ 編集]
- みどりさんへ -
 いつも丁寧なコメントありがとうございます。
 常に真摯に世の中に向き合おうと思われているみどりさんに頭が下がります。
 
 仕事場では、退職を前にして、変なことを考えてやっています。
 児童館に対して、地域のかたがたの理解や協力には日ごろから感謝いたしております。といつも挨拶をさせていただいています。本当にそうです。
 たまに、子どもの荒れた現状を見て、「私の子どもにも孫にもそんな子はいませんでした。」とその子どもの保護者への批判を声高にされる方がおられます。「はあ、でもかわいいところもあるんですよ。」などと以前はいっていましたが正月明けたころからは、「いいお子さんでよかったですね。わたしも育てやすいいい子でしたからほおっておいて大学なんかに行っていました。
いい子を育てるのは楽しいし誰でもできますよね、でも、そうでない子を育てなければいけない保護者の方は実際大変です。辛いことの連続です。こんなお母さんや周りの人を励まし、なにか役に立てることはないかと思うのですが・・・」といいかえします。一見険しい顔をされますが、いいや、辞めていく私が言わなければ、誰も言えないしと・・・・有終の美なんか雲のかなたに飛んでケー。
 と、誰のために何をやっているのやら、、、、の昨今です。
 
2014/02/27 10:01  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/631-ab3cc373

| メイン |