登山靴
2014/05/17(Sat)
 朝の裏山登山で知り合った方が、「可部冠」へ登るんだけど一緒に登らないですかと誘ってくださいました。
 可部に住んで41年になりますが、「可部冠」には登っていませんでした。登ることができたらどんなにうれしいでしょう。
 安佐南区から、安佐北区へ54号線を北へ向かう太田川橋から山々のはるか向こうに先のとがった山がみえます。、それが「可部冠」です。
 毎朝歩いているので自信があるような、そのためにとても疲れていて自信がないような、複雑な気持ちでしたが、連れて行っていただくことにいたしました。
 インドやパキスタンの4000メートル級の山への登山経験のある書道家の寺岡先生につきそっていただき、イオンモールに出かけて登山靴を買いました。
 先生のアドバイスがとても適切で登山用靴・中敷・ソックス・靴の洗剤など靴手入れセット・下着・スパッツを買いました。 日々の登山疲れに、2,3日前からのこれら買い物疲れが重なって、何をする元気もなくなり、昨日の夜はちゃんとついてのぼれるか不安でたまりませんでした。キューピーゴールドとドリンクを飲んで休み、朝、何とか出かけました。数日前8人で登ると聞いていましたが、私とで3人でした。登山口でパチリ、案内板でパチリと記念撮影などしてくださいました。そしてお二人のあいだに入れてくださったので、とにかくほかの方に迷惑をかけないように登ることを第一目標に、足の置き場所を考えながら、一生懸命歩きました。休憩を2度入れて、1時間20分で頂上でした。
 735.7メートル。
 ついにやった!!
 頂上ではほかの登山グループ何組かと出会い、写真などをほかのグループの人に撮っていただいたり、あれが白木山、阿武山、堂床山、などと教えていただいたりしました。少ない木陰に入り込んで、お菓子やお弁当を食べました。
 20分くらいの休憩のあと下山いたしました。くだりのほうがよく怪我をするからとの注意をいただき、1時間10分でもとの登山口へ帰ってきました。
 下山途中から体調が回復し、帰ってから、家の片づけをしたり、庭のツワブキを収穫して皮をむき、灰汁抜きをしたり、吉永小百合出演の「まぼろしの邪馬台国」を見たりしました。
 登山靴も自分の役割を終え、次の出番はいつかなーと思いながら、玄関にしずかに休んでいます。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『小泉八雲と日本』 | メイン | 目覚めればラフカディオ・ハーン>>
コメント
-  -
 心から羨望を感じました。
私も50代中頃でしたかに、尾瀬の鳩待ち峠を越えたいと登山靴を買いました。
2回出番がありましたが、その後全く眠っております。
元気な時は短いものです。(あの時、もっと出かければ良かった。)と後に悔いを残さぬよう、今後は登山靴の度々の出番を期待しております。
毎日のような裏山登りの効果、必ずつづくものと思います。
人生、すべからく健康が基礎ですね。
2014/05/18 11:06  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 これから5年くらい登れたら靴も役割を全うできるかなと思っています。そのためにも、第一回の記録を書き残しておこうと思った次第です。
 6月の白木山登山も誘ってくださいました。7・8月は登られないそうです。
 裏山に登っておられる方々にもレベルによっていろいろな登山の会に所属して居られるということを今朝、秋末さんという方に教えていただきました。
 一番低いレベルの方に近場の山に連れて行っていただこうと思っています。
 少しでも遠方に行くときには夫と行くことに決めました。退職をするのを待っていていろいろ声をかけてくださる方がおられるのですが、Aさんとは行ったが、Bさんとはいかないというわけにもいかないし、難聴もあるので夫とだけに決めました。希望を表明することも大事かなと感じています。
 老人会などの講師依頼や講師紹介についても迷惑をかける前に決めなくてはなどと、思っています。
 みどりさんが、病院の検査結果によって、いろいろ決めようとされる気持ちが少しづつわかるような気がします。
  退職したら、今まで生きてこられたことへののご恩返しにボランテアをしようと考えていましたが、それが迷惑になるかもしれないと思ったりもしています。
 みどりさんのおっしゃる”すべからく健康が基礎”。体調と相談の日々が始まります。
 ただ、仕事をしている間は極端に外出が嫌いで読書三昧でしたが、退職して外出があまり苦にならなくなったのを幸せに思っています。
2014/05/18 20:34  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/645-f8899b5d

| メイン |