『小泉八雲と日本』
2014/05/25(Sun)
 西野影四郎著 『小泉八雲と日本』 を読みました。
 この本は広島ラフカディオ・ハーンの会に出席させていただいたとき、会の代表の風呂鞏先生にいただいたものです。
 いただいたものですから、当然大切に扱うことにしていたのですが、最近話題の理化学研究所などの論文と違って、丁寧すぎるほど丁寧で、1行でも出典があるとその文献名や学会報名の著作者や翻訳者、記述者名が書き添えてあり、それへの解説の出典などもまた記されているという丁寧さに向けて、一つの資料も漏らさずに検証したいといった意気込みで書かれていて、ハーンにはじめて触れる私にとっては、たいへんな情報量です。気軽に読み始めたもののなかなか読み進めず、この2,3日は小脇にかかえて裏の山道を散歩しながらもよみました。
 正直やっと読み終えたという思いです。
 この力作の、著者はご高齢で、ご息女以外にお孫さんもおられず、焼津に小泉八雲の記念館が建設されるに当たって、蔵書をすべて寄付されることを決められ、1年後にトラックが引き取りにくることになってから、この『小泉八雲と日本』の執筆をおもいたたれ、これの資料となる蔵書を取りにくるまでにと、老体を鞭打って急いでの執筆になったようです。

 ハーンの1890年(明治23年)4月4日の来朝から、1904年(明治37年)9月26日に亡くなるまでの、顕彰がされています。
 最初に赴任した松江から、熊本、神戸、東京、そして」在京中のおおくの夏休みを過ごした焼津へと彼の生活した地域のこと。日清・日露の戦争のあった激動の時代、諸外国との関係によって日本政府のおかれた立場と、そこに住む外国人の翻弄されるようす。日本人のコンプレックスと、ハーンの生まれや育ち、障害によるコンプレックス。日本人を含むハーンの交友関係。教師として、あるいはジャーナリストとして、文学者として、日本・仏教・民謡などの愛好者としての彼が顕彰されていきます。
 私は、唯一松江での居宅跡を数年前夫と訪ねただけです。
 そして彼が日本で生活したその時代について、たまたまことしの5月、明治4年に広島浅野藩全域を巻き込んでの武一騒動の痕跡のある、廿日市の八田家長屋門をたずねて、廃藩置県によって、ながい幕藩体制から中央政権を樹立し、(いいかえれば、それぞれの藩主の自己破産によってこうむった国民の被害の上に)新政府の建国途上にある当時のそれぞれの階級の日本国民の生活に、おもいをはせたという程度の時代認識があるだけです。
 ハーンについての著書は初めてです。この著書によって、ハーンの生きた時代と、ハーンとハーンを取り巻く人たちと、ハーンが日本に、そして世界に及ぼした影響など、ハーンを愛してやまない研究者から、おおくのことを学ばせていただきました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(1) | TB(0) | ▲ top
<<裏山の花(5月) | メイン | 登山靴>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/26 11:06  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/646-37e7372a

| メイン |