『無意識の構造』 (2)
2014/12/17(Wed)
 『無意識の構造』(1)では、この本を読む直前に聞いた話と、そしてこの本を読んでいる途中の知らせとが、この本との書き出しとあまりにも、関係が深かったのでそのほうのことだけの記録niなったきらいがありました。
Ⅰ 無意識へのアプローチ 1 無意識のはたらき 無意識の探索への手法として、耳が聞こえなくなるなどのヒステリーや、夢の研究、催眠法があるが、催眠法は、無意識の内容の検出には役立つものの患者が内容を認識できていないために治療に向かないことが述べられていることは、治療の意味を再確認することができます。2 コンプレックス なににコンプレックスを感じているかの検出方法はわかってしまえばなるほどと思えます。賢明な人をよく観察していると、日常の良好な人間関係を構築し、お互いの向上のためにさりげなくやっていることに気づかされます。3 心の構造 ここでは、私とは何かについて考えます。私の心が図で説明されます。私の心全体を、自己ととらえ、そのなかで意識されている、私が知っている私とでも言い表すことのできるものを自我とし、それ以外を無意識とします。さらにこの無意識を大別します。個々によるものと、誰もが持っているもの、その家族がもっているもの、持っている文化によるものです。さしずめ私がこの本を読んで理解するべき“organic memory”がこのことだと理解することができます。Ⅰ 無意識へのアプローチによる をうけて心理学はすっかり私を捉えます。個々によるものについての無意識は臨床心理学にまかせるとして、誰もが持っている“organic memory”について、ハーンの作品の内容にはそれるものの、興味深い部分について、特記します。
 アニマとアニムスについてです。アニマとは男性の心の中の女性で、アニムスとは女性の心の中の男性で、誰も無意識の中にそれを持ち合わせているものです。しかし、たとえば男性は男らしくとか、夫らしく、父親らしく、社員らしく、といわれるように社会のなかで属性をもったペルソナといわれる仮面をかぶって、強くたくましく生きていかなければいけません。この、男性の持っている無意識の女性像、あるいは女性の持っている男性像についてです。
 アニマ(女性像)、アニムス(男性像)、のもつ要素それぞれに四つの発達段階があるとユングはいうのです。アニマ(女性像)の第一段階は生物的な段階で、女で子どもが産めれば誰でもよい。第二段階では、ロマンチッで一個の人格をもった女性に対する愛で、美的さと性的要素を求め、第三段階は、霊的な段階で聖母マリヤに象徴されるように、母性の持つ至高の愛と、乙女の純潔さを求め、第四段階においては叡智です。この叡智ということのイメージとして父親の頭から鎧兜をつけて生まれ出てきたギリシャの女神アテネをあげます。私は、男性の持つこのアニマ像を有した女性が実在するだろうかとずっと考えました。すると12月17日、テレビで知り合いの方の娘さんの報道をしているのに気づいて見ていて、この人こそと思ったのでした。フランスにパンの修行に行ってフランス人のパン屋さんと結婚した石川さんの娘さんの話でした。
 男性の第四段階も大変示唆に富んでいて興味あるないようですがを書き込むと紙面が足りませんこのあたりで・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(3) | TB(0) | ▲ top
<<『無意識の構造』 (3) | メイン | 『無意識の構造』 (1)>>
コメント
-  -
 面白く読ませて頂きました。
アニマへのイメージは大凡解りましたので、アニムスへの四つの段階をお教え下さい。
それを知り周りの男性諸氏を分析するのも面白そうです。女性観、男性観、いずれも自らが持つ性として感じているものと、異性が求め感じるものとはいささか差があるように思えるのですが、著者はその辺をどう解説しているのでしょう。
時代が進む中で、かつて重んじられていた女性美など著しく変化してきたように思います。美一つをとってもこう感じるのですから、他の価値観も随分変わってきていると思うのですが、如何でしょうか。お時間の許す時に、また書き続けて下さいね。
2014/12/18 09:10  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 アニムスの第四段階は引用を試みます。
2014/12/18 16:35  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
- みどりさんへ -
 すいません。
 引用にはできませんでした。
2014/12/18 22:29  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/722-479ee2a0

| メイン |