『西鶴名作集』
2015/02/28(Sat)
 講談社の少年少女古典文学館17 藤本儀一著 『西鶴名作集』 のなかから、『日本永代蔵』より、「初午は乗ってくる仕合わせ」、「世は欲の入れ札に仕合わせ」、「世界の借屋大将」「茶の十徳も一度に皆」「見立てて養子が利発」。『好色五人女』より「姿姫路清十郎物語」、「恋草からげし八百屋物語」。などを読みました。

 25日、ときどき、臨時指導員として働いている児童館でのこと、職員のひとりが、「テレビで見て作ってみました」とお絞り人形なるものを、三体作ってきて、動かして見せてくださった。この日は4人だけでの勤務でしたが、他のものは、聞くなり見るなり、お絞り一枚と、割り箸だけを使ったこの人形に見入ってしまい大喜びです。それぞれ手にして動かして楽しみました。わたしは、これは膳のまわりのものばかり使ってあるので、ほう間のお座敷芸ではないかと勝手に思い込み、家に帰ってもつくって散々遊んだ挙句、きょうになって、いわゆる太鼓もちの雰囲気を味わいたくなり、家の本棚からこの本を取り出し、パラパラとめくってすこし読んだのでした。

  じつはこれは娘の本で、読んだのは初めてでした。この名作集は読みやすく解説も図入りでわかりやすく丁寧です。
 さっそく三箇所にありました。
  「見立てて養子が利発」―見込んだ養子は大当たり― の文中、
 《ところが、この京の男、遊芸にかけてはあまりにも器用で、謡曲は三百五十番全部覚え、碁は名人に二目でかち、蹴鞠は宗家から町人としては最高位の紫腰の袴を許され・・・・・・即興小咄は太鼓もちの神楽庄左衛門や願西弥七も、はだしで逃げるほどだった。》
 「姿姫路清十郎物語」、副題―おなつ清十郎、悲しい恋のゆくえ― の文中、
 《これもまた俗にいう“昼のない国”を演出して遊びほうけるのだった。こすっからい太鼓もちをおおぜい集め、火の用心の口まねをさせたり、こうもりの鳴き声をさせたり、遊女の見張り役のやり手婆に、お盆でもないのに門口で茶釜をたいて歌念仏をうたわせた。》
 《そんなさわぎのなかで、いっこうにあわても、おどろきもしない太鼓もちがい他。闇の夜の治介という、この世界を知りつくした男だ。「男ははだか百貫というじゃありませんか。ふんどし一本でも世の中は世の中は渡れるというもんですぜ。清十郎さま、なにもあわてることはありませんや」と、清十郎をはげました。》
 すこし、遊び客相手の太鼓もちの雰囲気も伝わってきて西鶴の世界を垣間見た気になります。

 それとは別に「世は欲の入れ札に仕合わせ」―あっぱれな後家さん―には、実生活で考えさせられました。この話は、後家さんが住んでいる家を借金のために手放さねばならなくなって、宝くじの要領で、入れ札をさせて、逆に借金返済金以上の大金を手に入れる話です。空き家がずいぶん増えています。みんな年老いて、実家などの空き家を抱えて、さてどうしようかと悩んでいる人も周りに少なからずいます。私たち夫婦も、長年抱えていた空き家を4年位前に倒して駐車場にして、借りてもらっています。江戸時代では、こんな方法もあったのかと、さすが、大阪などへの丁稚奉公は商科大学だと小泉八雲が作品のなかでいっていたことばににうなずけました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『アングレン虜囚劇団』 | メイン | 『神国日本』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/744-1e48a9b6

| メイン |