疲れた一週間の記録
2015/03/16(Mon)
先週、
月曜日は、午前中は福王寺への山登り。午後は児童館で2時間30分の仕事。
火曜日は、午前中は集会所でNさんと8月の工作の下準備をして。午後はNさんと工作の買い物。帰って家の片付けと掃除。
水曜日は、午前中は福王寺への山登り。午後は児童館で2時間30分の仕事。
木曜日は、午前中は大洗濯と裏庭の手入れ。午後は児童館で5時間の仕事。
金曜日は、茶臼山へ、Nさん、Iさんと登山、そのあと区役所へ行って、「あさきた里山マスターズ認定申請書」と地図をいただきに行く。3人でコーヒーをと区役所地下の喫茶室に行ったが2時までということで、また来ることにしてホウ酸団子の書類はもらわずに帰った。
土曜日は、9時までに友達3人で空き家になっている安藤家を蘇らせる計画のために安藤家に行って1日中片付け掃除をした。2月からみんながあいている日を調整して今日で5日目だ。この計画は家電製品などの修理修復、外渉など、男手が必要なこともあるので、夫も一応賛助会員になっており、この賛助会員は3人の夕食を作ってくれたり、夕食会も開いてくれたこともありシェフ役としても、尊ばれている。ここでの3人なかまで、一番片付け、整理能力のないわたしはつねに 指示待ち族でがんばる。あとの二人はそれぞれ、これから私たちが生きていくために必要な物の値打ちをきっちり判断して、捨てるもの磨いて残すものの仕分けをする。なかでも、ごみ分別の正確なKさんは、その日の捨てるものはきっちり袋詰めして中身を表示、市のゴミ収集車に持ち帰っていただけるようにし、作業の効果を目に見える形で進めてくれるので、わたしは、その前後の作業に奔走した。
 夫は敷地内にある工場の製造機械を見に来た業者と、交渉。流しの漏れの修理もしてくれる。また、夕食はコナシロの美味しい寿司と、鯛のお吸い物を作って3人に御馳走してくれた。
日曜日 朝から洗濯。よいお天気だというので4回洗濯したあと、午前中は福王寺への山登り。帰ってもう1回洗濯をして、掃除をし、午後、洗濯物の取り込みをした。夕食時、前日お寿司を持ち帰ったお返しにとカキモチをたくさん持ってきてくれたので、金寿堂の鉄瓶研究の成果を披露した。

これが大変疲れた1週間の記録です。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『小泉八雲と日本の心』 | メイン | 第175回 「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録>>
コメント
-  -
 お元気ですね。
登山を入れながらのボランティア活動や家事仕事、さぞお疲れの事と思います。お疲れが反映したようですが、ご夫君のご馳走に感謝なさったご友人がお礼のつもりでご持参のものは「気持ち」ではありませんね。焼き餅か、お餅かと想像しながら、(お疲れ様でしたね)と独り笑いをしています。
こちらは珍しく家人の居ない朝を迎えた処です。精神障害者活動に徐々に復帰している夫なのですが、隔年で行う全国大会開催場所のお願いに福島へ出かけています。病気の為、会長退任し、ほっとしていたのですが、公認を引き受けて下さった方が、暮らせないからと他に就職し、あっさり辞めてしまいました。もともと半分以上のボランティアで給与等交通費で消えるようなものと説明してあったそうですが、実際に任務に就いて多様な困難さが解ったようで、何かと今後の運動に苦慮しております。
無理して「認定NPO」を取得し、公認された資格団体となりましたのに、難しいことばかり起きています。
 霞さまのように家事の一つでも受け持ってくれればいいのですが、公的なことや外向きのことで全て費やし、家事は何もしようとしません。此の場合は出来ないという方があたっています。今更言い合いはせず、互いに好きなことを見出して暮らしています。
夫婦で丹沢や尾瀬の鳩まち峠を越えた遠い日が思い出です。
もう一度元気な体力を取り戻したいと思いますが、病気した以前には戻れません。あれこれ愚痴は言わず残されている部分を大切に過ごします。
あかね様もくれぐれもご無理なさらず、せっかく定年を迎えたのですから、ご夫妻揃って、此れまで出来なかった大旅行など楽しんで下さい。
2015/03/16 10:25  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 頂いたのは「かき餅」でした。オレンジ入りと、赤紫蘇入り、蓬入りで甘くて美味しかったです。まだすこし残っています。
 本当に夫が料理が好きなので助かっています。友達二人はいずれも一人暮らしですので、その日安い魚を刺身にしてくれたりお吸い物にしてくれたりすると本当に喜ばれます。
 みどりさんの御主人も、会の代表で大変そうですが、以前、何かの文章を読ませていただいた折、すばらしい文章に感動したことがありました。適任だったので、なかなかそれほどの人もあまたおられるとも思えませんので仕方ありませんね。のんびりおやりになるしかありませんね。
 私も金曜日茶臼山に登った時、初めて私が山を選定してそこには登ったことのない人を誘ったのですが、1箇所危険なところがあって、事故が起きたらどうしようと馬鹿なことをしたと二晩くらい悩み、いままで他で誘ってくださっていた方々の気苦労に初めて気づくという始末でした。やってみないとわからない事だらけで、4月に地域デビューして、すでにくたくたです。
 3月まで1年間、臨時指導員を受けていたのですが、どうしてももう1年ということで、4月の最初は10日までに6日、それも4時間以上出勤することになりました。疲れて旅行どころではない感じです。
 読みたい本が山ほどあるのに・・・・・。今日も夫と所用で広島に出かけついでに古本屋によって、夫は3冊も買ったのですが、私は、漱石やラフカディオ・ハーンと同時代をイギリスで過ごした南方熊楠の「十二支考」という立派な本を見つけたのですが、とてもいまの私には読めそうもないと買わずに帰ってきました。こう描きながら、いま買えばよかったと公開しています。近々行くことがありそうなので今度は買ってきます。読むのはずっと後になりそうですが。
2015/03/16 19:50  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/747-8fed8266

| メイン |