あみだくじ
2015/03/24(Tue)
 昨日の朝、いつものように、裏山の福王寺山の駐車場まで登りました。
 家を出てすぐ一緒になった上奥さんと飽田さんは、たまに駐車場まで登られることもありますが、今朝は西原さんと展望台から下山され、私は展望台で一緒になった水野さんご夫婦と上川さん、玖保さん、羽柴さん、生田さんとで駐車場まで登りました。
 駐車場からお寺までは道幅もせまく急な坂道になるので院主さん以外は誰も車では上がりません。
 駐車場には小さな建物があり、鍵がきっちり閉められ、何かの設備が入っていて、
その横に半間とすこしくらいの幅のベンチがあり、ときどき誰かが休んでおられます。その小屋の前の道路のわきに、枯れて倒れ掛かった大きな木があり、その木の幹にたくさんの椎茸が生えています。簡単に手を伸ばして採れそうなところにはすでになく、高いところにたくさん生えています。登って採ろうとされた人が落ちてはいけないので、二人がお尻を両側から支え、やっと椎茸に手が触れて椎茸が急傾斜地に落ちたので、私はあわててその急傾斜地に下りて行こうとしてすべりこけましたが、難なく落ちてくる椎茸をひろい、上から手を伸ばしてくださった人につぎつぎ渡して無駄なく収穫いたしました。
 参道に上がってみると水野さんの奥様が、ベンチの上に人数分並べて置いてくださっていました。私はそのそれぞれの椎茸のまえに線を引きアミダクジを書きました。それぞれ、当たったものを持ち帰ります。
帰る途中、水野さんのご主人が、あの枯木は、ツブラジイ(ツブラ椎)という木でこれが本当の椎茸だと教えてくださいました。私は改めて椎の木に生えるから椎茸なのだと理解したのです。
 上る途中では、誰かが見上げて気づいた背丈の高い木が、青空のなかに白い花を咲かせています。「こぶしですか?」とたずねると、あれは、コブシでもタムシバ、あるいはカムシバという花だと教えてくださり、コブシとのちがいも説明してくださいました。覚えられないというとメモを書いてくださいました。
 水野さんはいつも正確な情報を提供してくださいます。間違っていたときは近日中に訂正してくださいます。
展望台からは秋末さんと下山いたしました。秋末さんとも、メモがないので全部忘れてしまいましたが、いろんな植物の話をしていただきながら下山いたしました。
 家に帰る途中、苗代さんが美しく咲いた春欄をご主人が生前焼かれた植木鉢ごとくださいました。お礼に椎茸を差し上げてきました。
 椎茸のないまま椎茸の話を夫にいたしました。夫はハーンの会で「阿弥陀寺の比丘尼」の学習以来、「阿弥陀」という言葉については、どんなことでもわかろうとします。結局わたしも「広辞苑」で「阿弥陀籤」について調べるはめになりました。
(籤の線の引き方が、もと阿弥陀の光背に似て放射線状であったのによる)白紙に線を人数分引き、金額を各線の一端に記して隠し、各自が引き当てた額の銭を出し、菓子などを買って平等に分配するもの。あみだ。あみだの光。くものすごこう。―広辞苑より―
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『神霊の国 日本』 | メイン | 『憧憬』─ラフカディオ ハーンの足跡を旅して─>>
コメント
-  -
ある気の置けないグル-プでは何か選ぶなどの時によくじゃんけんで決めます。でもあるグル-プでは、こっちは面白がりでそういうことをしようとするのに、自分は奥ゆかしいのだと思わせたつもりで「残ったのでいい」とか言ってなかなか量の多いものや自分の気に入ったものに手を出さない人がいますが私などそんなの「いやらしい」と思ってしまいます。(ははは、ここで日頃のうっぷんを晴らしています)
あかねさんのように「阿弥陀くじにしよう」などという人が好きです。あ、ここはそういう話ではなかった!
2015/04/03 11:18  | URL | 花てぼ #ZjTFAI5c[ 編集]
- 花てばさん -
 長年のわたしの職場が(子どもも職員も含めて)アミダクジかじゃんけんです。じゃんけんも選ばず一番勝った人から決められたものをとっていき、これが大盛り上がりです。阿弥陀様も楽しみを作ってくださったものです。合掌。
2015/04/04 00:24  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/750-ddc64eb8

| メイン |