『平和への念願』
2015/04/12(Sun)
 昭和28年角川書店発行の昭和文学全集10『安倍能成・天野貞祐・辰野隆集』のなかの、安倍能成著『山中雑記』の中の「夏目先生の追憶」「距離感」「人間としてのケーベル先生」。『平和への念願』のなかの「平和宣言」・「私の所信」を読みました。
 昨日ブログでおなじみの志村さんがコメントで、「幸い今の天皇の教育に功績があったと言われる安倍能成ともブライス教授とも生前に面識があるし、何となく近くに感じる」とあったので、翌日のラフカディオ・ハーンの会のためにまじめそうにやっていた、にわか予習の「十六桜」の訳も途中でうっちゃってこれらを読んだのでした。

 卒論で、稚拙な漱石のレポートをしたためたことのある私としてはまず冒頭にある「夏目先生の追憶」を読みました。漱石が亡くなる直前とその前の二回の木曜会で漱石とふたりで交わしたことばが再現されています。最後の会話であっただけに印象に残っていることもありましょうが、ここにどうしても相容れないふたりの思想信条といったものが浮き彫りになっています。安倍能成が感じた漱石の解脱が「インテレクテュアル(知的)であってプラクティカル(実際的)という感じにおいて薄いという感じを掩い得ない」とのべ、さらに「自分は先生の解脱は、知識的にはこの相対的、実証的の境地を守らんとしてこれを守り得ず、さらにこれを否定せんとする方向より開かれたものではなかったかと思ふ。この否定と共に現前せんとするものは、すなはち先生の所謂天でなかったろうか。先生の思想上の実証主義的、自然主義的傾向は、先生の汎神論的解脱の道を平らかにする点において、先生の感傷的芸術的態度と相協同したのではあるまいか。」と分析しています。分析が漱石の唱えていた「則天去私」の「天」に及んでいます。私は漱石の解脱への趣向というものが、まさしく趣向的であって、そこに哲学を差し入れない洒脱な軽みといったものを感じていたように思っていたことをここでは確認したように思いました。

 「平和宣言」は、まさに戦後日本のバイブルとも言うべき文章と思えます。
《敗戦後の日本の進むべき道は、新憲法の根本精神たる平和と自由の道より外にはない。新憲法の内容については法文としての不完全や、その措辞またある場合にはその思想にも西洋直訳的なところがあり、欠点はいくらでも指摘できるであろうが、しかし断乎たる平和の宣言と徹底した自由の力説とは、何人も何国人もけちをつけることのできぬものであり、ここに新憲法の奪うべからざる精神の存することは明らかであって、よし今後條章の部分的訂正が行われるとしても、この精神を少しでも没却するようなことがあっては、日本の前途はおぼつかなく、この精神に反対するような政治や政党や運動は断じて排斥されなければならない。》で始まり、《世界で断乎として平和に終始し得る国民は、軍隊と武器とのない日本国民のみである。世界に一つの国でも徹底的に平和を守る国があるということは、即ち世界平和の何よりも強い原動力ではないか。我々の手をもぎ足をもぎ、その武器を奪っておいて、しかも我々に手を振れ、足で蹴れ、刀を持て、持たずば切り殺すぞという者があらば、それこそ神人の怒りに触れずにはおかぬであろう。我々はそんな暴虐無道を恐れて天の我々に与えてくれた光栄の道を棄ててよいものか。平和は卑怯者の上には来ない。武器を頼まずして道理と正義とを頼む者の上にのみ来る。八千万の国民がこの信念に起ち得たならば、世界に恐れるべきものはいない。平和の源はここにある。この源に立ってこそ、政治も外交も経済も、始めて平和を将来する力となるのである。》で終わります。
 空襲で長男を失い、家を焼かれ、廃墟にあっての彼のこの宣言が、直前に読んだ井沢元彦の武装して自立すべき国家論や、先にテレビで何とはなしに聞いたイデオロギーによる国政の危うさを唱えて武装を提唱する国論を、潔くきるところは、おなじ散るならこの桜と思わせられたのでした。

  安倍能成の年表をみて気がついたのですが、氏の生年月日、明治16年12月23日で今上天皇と生誕日がおなじでした。
 ついでにいえば、広島への原爆投下の折、広島駅で体中に被爆した、母方の従姉も昭和18年生まれですが、生誕日はおなじ12月23日です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(3) | TB(0) | ▲ top
<<第176回 「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録 | メイン | 『神霊の国 日本』>>
コメント
- 貴重な文献 -
良いものを読ませていただきました。安倍能成氏がこれほどのものを書いていたとは知りませんでした。安倍院長が作詞した「学習院院歌」を思い出します。
燃ゆる火の 火中(ほなか)中に死にて
また生(あ)るる 不死鳥のごと
破(や)れさびし廃墟の上に
立ち上がれ 新学習院
2015/04/13 23:28  | URL | 志村建世 #O94VIzx6[ 編集]
-  -
このコメント欄に、ご本人の返信が受け付けられないとは不可解です。私のブログの方でフォローされています。
2015/04/14 10:50  | URL | 志村建世 #O94VIzx6[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/16 13:51  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/752-45f68e5f

| メイン |