『桜の樹の下には』
2015/05/21(Thu)
 昭和43年発行 日本文学全集37 牧野信一・梶井基次郎集のなかの 梶井基次郎著「桜の樹の下には」を読みました。
 この全集は、私たち世代のなじみの二段組みで、この作品は見開き2ページの短い作品です。
 《桜の樹の下には屍体が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。なぜって、桜の花があんなにもみごとに咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二、三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。・・・・・・・・・。

 馬のような屍体、犬猫のような屍体、そして人間のような屍体、屍体はみんな腐爛して蛆が湧き、たまらなくくさい。それでいて水晶のような液をたらたらとたらしている。桜の根は貪婪な蛸のように、それをだきかかえ、いそぎんちゃくの食糸のような毛根を聚めて、その液体を吸っている。
 何があんな花弁を作り、何があんな蕋(ズイ・しべ)を作っているのか、俺は毛根の吸いあげる水晶のような液が、静かな行列を作って、維管速のなかを夢のようにあがってゆくのが見えるようだ。
 ―お前は何をそう苦しそうな顔をしているのだ。美しい透視術じゃないか。俺はいまようやく瞳を据えて桜の花が見られるようになったのだ。昨日、一昨日、俺を不安がらせた神秘から自由になったのだ。・・・・・・・。

 ああ、桜の樹の下には屍体が埋まっている!
 いったいどこから浮かんできた空想かさっぱり見当のつかない屍体が、いまはまるで桜の樹と一つになって、どんなに頭を振っても離れてゆこうとはしない。
 今こそ俺は、あの桜の樹の下で酒宴をひらいている村人たちと同じ権利で、花見の酒が呑めそうな気がする。》

 みじかい文章の、出だし、中ほど、最後を抜粋させていただいた。
この本の最後の「作家と作品」を読んでいて、中谷孝雄の『梶井基次郎』の抜粋に出会った
 《梶井が宇野千代さんに恋情を抱いていたことは、私も前から知っていたが、私の家にいる間も梶井はたびたび長い手紙を宇野さんに出していたようだ。しかし他人の情事には甚だ冷淡な私のことだから、こちらからそのことについて訊ねてみようともしなければ、梶井のほうから進んで話すでもなく、二人のことについては私は何も知らないといってよい。それでいて私は、梶井の生涯に於けるそれが唯一度の厳粛な恋愛だったと信じて疑わないのであるが、・・・。》とあります。
 このようなことは世間の広く知る所なのかもしれませんが、これまでの読書では、これほどの重大なことが記憶にとどまらなかったのに、このたびは宇野千代といえば桜と思い、この記事に目が留まったのでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<2015年5月 | メイン | 『闇桜』>>
コメント
-  -
 桜には人々を引き付ける美しさがありますが、反面ぞくぞくと背筋を這うような怖さがあると感じていました。此の体験は昼ではなく、或る夕方の事でした。
隣の棟との間に50年を過ぎた大樹があり、夕闇の中で街灯に照らされ、さわさわ揺らめいている様には何とも言えない影があり、花と花との間合いから何か得体の知れないものが立ち上ってゆくのを感じました。類まれなる美しさと共に怖いと感じるものは何だろうと・・・暫くは其の桜の樹を見るのが厭でした。
梶井基次郎の作品は殆ど読んでいませんが、此の上手く抜粋した箇所を読んだだけで、桜の湛える姿が一挙に浮かんできました。
「桜の木の下には屍体がある」という表現は今後決して忘れることはないと思います。最も東京や広島、長崎の戦後を生き抜いて来た人々は、至る所地面を掘れば屍体が出てくるということを感じ、体験してきたのだと思います。
 「再びの過ちを繰り返しません」と死者に誓ったことを忘れたかの安倍首相と大臣たち、情けないかぎりですね。
桜の葉が見る見る濃緑に変わり、初夏の中にある川崎ですが、広島の夏は様々な物思いを運んで来ますね。
なお(来年も桜を見られるといいなぁ~)と思いながら、根本的には嫌いではないことを再認識しています。
2015/05/25 06:44  | URL | みどり #-[ 編集]
- みどりさんへ -
 みどりさんの体験が、ぞくぞくと伝わってきました。
 でも、梶井基次郎も、
 今こそ俺は、あの桜の樹の下で酒宴をひらいている村人たちと同じ権利で、花見の酒が呑めそうな気がする。》
 と述べていますね。よかったです。
 なにか、美しいもの、高貴なものは、生贄あってのものというような気持ちがするのが日本人なのでしょうか。
2015/05/25 18:59  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/764-f04c4b6f

| メイン |