『ラフカディオ・ハーン再考 100年後の熊本から』 5
2015/10/27(Tue)
6 秋月胤永――ハーンとの交友をめぐって   
                   金原 理 (熊本大学文学部比較文学教授)
 ハーンが、熊本の第五高等中学校に赴任して、敬愛したひとに、当時、熊本の第五高等中学校の先生だった秋月胤永(あきづきかずひさ)がいます。
 秋月胤永とは秋月悌次郎のことです。
 秋月胤永先生は漢文の先生ですが、なんといっても経歴がすごいのです。
 1824年に会津に生まれ、会津藩の日新館では、朱子学を学びその慈悲の心を信奉してきたと言います。幕末には会津藩士として京都守護職に任命された藩主松平容保に随行して上洛したときから、激動の時代を生きるのです。もともと、昌平坂学問所にいた頃から、各藩の人々からひとかどのひととして信頼を受けていた人でした。薩摩藩とで京都を警護し、戊辰戦争では、軍事奉行添役となって新政府軍と戦いますが、自分の教えた青年たちが白虎隊として多くはててゆく憂き目に遭い、会津若松城を脱出して官軍に降伏を申し出るという役をやってのけます。あげく藩のひとからは恨まれ、さらに藩の重臣として新政府から、思い罪を申し渡されます。
ハーンが秋月先生に出会ったのは、それからおおよそ24年後のことです。
 国の将来への威信をうけて、できあがった第五高等中学校に、隠居の身であったにもかかわらず、校長・教頭の懇願によって教壇に立っておられたのです。
 ハーンの長男の一雄の誕生祝に祝いの品々を持って訪ねてきてくれた秋月先生への思いがつづられており、ハーンの秋月先生への思いを知ることができます。
 《・・・・それと、美しい漢詩を書いた二巻きの巻物であった。ことに漢詩は、稀に見る書家と詩人をかねた人の作として、それだけでも貴いものであるのに、しかもそれが当人の自筆というのであるから、贈られた私にとっては、いちだんとまた貴いわけだった。その日、老先生が私に話された話は、ひとつひとつ、私にじゅうぶんわかったとは言えない。ただ、私の勤めを心から督励してくれた、情のこもった言葉――分別に富んだ、辛辣な忠言――と、この人の若い時分の耳めずらしい話と、それだけは今でも心に残っている。それにしても、万事がなにか一場の楽しい夢みたいであった。老先生がただ目の前にそうしておられると言うことが、そのことがすでにもう、一つの喜びであり、頂戴した盆梅の香りは、なんだか高天原からでも吹き通ってくる息吹のような気がした。やがて老先生は、神様がこの世に現れて、又消えてゆくように、にこにこしながら、帰って行かれた。――一切のものを祓い清めて。》
 ハーンの日本の神様に対するイメージも伺われています。
 ハーンにとって辛いことの多かった熊本での生活にこの先生との出会いが、一条の光だったようでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『草枕』 | メイン | 『岩宿遺跡のなぞ』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/809-cc09739f

| メイン |