『びんぼう草』
2007/12/27(Thu)
群ようこの『びんぼう草』を読む

群ようこという人、図書館や本屋で見かけたことはあったが初めて読んだ。
井伏鱒二の本を読んだすぐ後だったせいかずいぶん雑な書き方だなと感じてしまう。

7つの小品が収められていて最後にいくほど楽しく読んだ。

グズグズ考えず、はきはきしているところは、みんなこんな風に生きていけたら人生最高よ!という見本のような話だ。

久しぶりにマンガを読んだ後のようなスッキリ感を味わった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『みずうみ紀行』 | メイン | 『半生記』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/81-fd855a0e

| メイン |