詩集『ヘルンさんがやってきた』
2016/01/21(Thu)
 田村のり子著、詩集『ヘルンさんがやってきた』を読みました。
 ハーンの会の推薦で購入したのは少し前でしたが、読みそびれてあとまわしになっていました。ところが宍道湖畔を生活の場としておられるらしき著者の・・・・「宍道湖の夕日」よりの詩の前半を読んだとたんにこの詩集に夢中になってしまいました。
 わたしは、ハーンの顕彰会に参加させていただくようになって、1年と9ヶ月ですが、それでも夢中になってハーンの魂のゆくえをこれらの詩作品と共に追体験させていただく場面もあったように思えたのですから、ハーンを長い間顕彰されてきたかたがたにとっては、たまらないのではないかと思えます。
 ずっと昔、夫に連れられて松江を旅行したとき、小泉八雲旧居をたずね、その部屋に座ってハーンの魅力にも目覚めないまま記念写真などを撮ってもらった記憶はあるのですが、ハーンの顕彰会に参加させていただくようになってから以後、あらためて松江に行っていませんので、松江の地で、ハーンの足跡の中でくらしておられる著者の作品には、ハーンが小泉せつさんに導かれて松江を感じていったように、田村のり子氏に導かれてハーンを感じることができそうです。
 地図を広げて、浜乃木町、袖師が浦、鹿島町の原発(これはしっかり三年前に夫に連れられ資料館も見物)いやいやこのたびは松江市の輪郭とその中の町やお寺や山や・・・・、町は中原町、西川津町、雑賀町、・・・。お寺は龍昌寺、洞光寺、大雄寺、月照寺、・・・。山は嵩山、・・・。と散策しながら詩の鑑賞。
 たしかに《時にはまた、晴天の続く季節になると、お豊は子供を負ぶって、嵩山に登ることもあった。こうした行楽を子供はとても喜んだ。・・・・・お豊と子供がこうしてお詣りを済ませて帰途につくと、決まってまだ家にたどり着かない中に夕闇が垂れ込めてしまうのであった。・・・すべて幸せなときであった。》と、「阿弥陀寺の比丘尼」をハーンの会で丁寧に読んだのに、まるで知らない時と場所の話として夢うつつに読んでいたのでした。 じつはわれらが広島市安佐北区にも521mの「だけやま」と呼ばれる山があり、暮れの12月5日に私もそのやまに登ったのでした。字は「岳山」と書きますが、山頂にはかっては、「嶽山」と明記されていたことが説明版に記されてありました。この山は、地元に愛好会のようなものがあって、途中の千年杉とともにとても愛されていることが伝わってきて親しむことのできる山でした。でも、そのときも残念ながら「阿弥陀寺の比丘尼」を思い出すことがなかったのです。もちろんハーンは英語圏の人々に向けて書いたのですから、それでもよいのですが、やはり、いつの日か松江の嵩山にゆっくり時間をかけて登ってみようと思いました。何だかいまから胸がわくわくしてきます。
 そして、神々の物語だけでなく、近代化の醜い側面を憂う「宍道湖の夕日」と、「美保関―神話と軍艦」とその注釈を読んで、ハーンや田村のり子氏の、原発や、軍艦への思いが伝わって感激いたしました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『小泉八雲―その日本学―』 | メイン | 続 『ラフカディオ・ハーン再考 100年後の熊本から』 2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/837-c8028b15

| メイン |