『NHKテキスト 100分de名著 歎異抄』
2016/03/29(Tue)
 釈徹宗著 『NHKテキスト 100分de名著 歎異抄』を読みました。
 『歎異抄』は、親鸞の死後数年たって、その教えが正確に伝わっていっていないことを憂え嘆いて、いまいちど親鸞の教えを正確に伝えようと弟子の唯円によって書きしたためられたものだといわれています。親鸞には多くの文書が残っています。しかし、彼の教えが死後いろいろ曲げられて伝わっていくのに対して、そうではありませんと端的にのべたこの唯円の『歎異抄』が、一番親鸞の思いをよく伝えているとして、今なおこうして多くの人に読まれているようです。
 仏教は釈迦の死後100年ころから、いまもタイやミャンマー・スリランカなどに伝わる上座部仏教と、20派くらいある大衆部仏教に別れて伝わり、さらに、世界中でその自然・社会・政治などの環境状況によっても数限りない宗派ができているのではないかと思われます。
 法然の教えを受けた親鸞は、「浄土真宗には、今生にして本願を信じて、かの土にしてさとりをばひらくとならひ候ふぞ」(この場合の浄土真宗は宗派名ではなく、法然によって明らかにされた浄土宗の真実の教えをさす)と話しておりますが、法然の弟子にも数々の宗派があり、親鸞の浄土真宗はこのことばから、それが宗派名になったのかもしれません。
 これら、先にすすむほどの微妙な宗派の違いを読んでいくと、1ページ全面の写真画で、「念仏者は無礙(なにものにもさまたげられない)の一道なり」を理解する為のたとえ話、「二河白道」を図解した二河白道図の細い一本の白い道、なにを信じてすすむべきか、迷いのおおい私たちには心細く思われます。
 しかし、「本願を信じて念仏を申さば仏になる」と、これが全部です。と言い切っています。
 《「望まなくても悪を犯すのが我々の実相である。そもそも我々は他の生命を奪って生きている身ではないのか」と、うわべだけの偽善に肉迫する。》という部分を読むと、私が幼いころ、母が畑を打ちながら、「知らない間に、土のなかに住んでいるミミズや虫たちの命を殺めているのだから・・・南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」といっていたのを思い出します。著者もどこかで実存主義的だと述べておられましたが、そんな幼児体験が元になって、高校生のころサルトルやボーヴォワールの実存主義に触れて違和感なく受け入れられたのではないかと最近思えています。
 平成20年ころ、渡辺郁夫氏の『歎異抄を歩む』・『発掘歎異抄』・『心の回廊』などをつぎつぎと読んだ記憶があります。内容はほとんど覚えていないのですが、そのいずれかに、浅原才一についての記事があったように思います。この著作にも、学者が、妙高人(浄土真宗における在俗の篤信者)としての才一を訪ねて、「あなたのことを取材して、本にしたい」といったところ、才一は「やめておけ、わしがいまから人殺しをするかもわからん。そうしたら、あんた、大恥をかくで」とことわったという亡くなる前年のエピソードがありました。
 在野の浄土真宗信徒らしいと、お仏壇にめったに手を合わすことのない私ですが、行基の「ほろほろと、・・・・父かとぞ思い、母かとぞ思う」の読書三昧でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハト | メイン | 高校教科書のなかでの宗教>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/854-b9f60dba

| メイン |