「あさきた里山マスターズ」39峰登頂達成!
2016/04/22(Fri)
 既にこの「あさきた里山マスターズ」事業を達成された方々から事業の紹介を受け、登山への道案内と励ましによって、2年足らずで無事に達成できました。
 この方々に感謝しています。
 この事業の計画が健康増進事業と思っていました。しかし、多くの方々と登頂の喜びを分かち合うことができたこと。2年前に定年退職して、地域のかたがたとのつながりがあまりありませんでしたが、今ではたくさんの方々と知り合い親しむことができていること。
 達成し終わって、この事業の目的が、こんなところにもあったことに感謝しています。
 今まで知らなかった、山の名前、小さな谷や峠の名前、神社やお寺の名前、里山の木々や草花、さえずる鳥の名前、いろんなことを仲間の方々に教えていただきました。
 私は歴史が好きで、大朝にお住まいの金谷俊則氏の『武一騒動』などを読んで、定年後は夫と、歴史探索でもしようと思っていたこともあり、先ずこういった地域の里山を歩くことで、その素地が広がっていくチャンスにもなりました。
 (今は、登山で知り合った方に借りた『浜田城炎ゆ』を読んでいます。四境戦争の様子が古文書などの解説で詳しくわかります。こんどは、大村益次郎が攻め落とした島根県の大麻山に連れて行ってくださるようなので楽しみにしています。)
 期間中、土砂災害があり、復きゅうへのボランティアに参加したりしました。安佐北区のいろいろな地方の山への登山では、この災害のことが常に頭の片隅にありながらの自然への観察にもなりました。
 この事業での計画を達成することを通して楽しく実りのある2年間を過ごすことができましたことに深く感謝いたします。

 と安佐北区の町おこしへの感想を提出いたしました。
 今日4月22日(金)参加者5人。遠くの景色が広く見渡せる阿武山でした。それがわかっていてこの山を最後の山に選んでくださっていたことに気づき感謝でした。前日の大雨で、登山道がすべるのではないかと心配していましたが、心配無用でした。雨上がりのすっきりした広い視界を堪能できました。
 達成順番は146人目でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<『浜田城炎ゆ』 | メイン | 『郷土史紀行』>>
コメント
-  -
 「あさきた里山マスターズ」への挑戦が、みごと実を結んだようですね。おめでとうございます。
ご健康で暮らせることの幸せを感じます。近場に同伴し色々教えて下さる方々がおられたのも幸いでしたね。山も比較的近場にあるようですし、毎日のように裏山へ登り下りして鍛えた脚の強さも、努力の賜物でしょうか。39の登頂が更に40、50と増え続けそうで、素晴らしい人生に思えます。
知恵と体力の両方を手にし、更に蓄積できそうな、あかね様に拍手を持ってお祝い申し上げます。
2016/04/23 21:26  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 ありがとうございます。この事業が始まって4・5年くらいたっているようですが、146人目と意外と少ないのに驚いています。山に登ると、けっこう他の登山者とであうのでもっとたくさんの人が達成できていると思ったからです。
 でもよく考えてみると、一緒に登ってくださっている人の中で、私よりずっと県外も含めて頻繁に登っておられる人でもこの事業に関係なく登っておられる人も多いのですからこうなのでしょう。
 しかし、この事業で指定されていなかったら縁がなっかっただろうと思える山もたくさんあったので、やっぱり挑戦してよかったと思っています。
 挑戦期間中の登山記録では、おなじ山に複数回登ったり、他の地方の山などにも連れて行っていただいたりして、縦走もふくめると、結局67度も山頂を極めた事になりました。
 定年になったのですが、「ちょっとだけ、お願い!」だったのに仕事量はだんだん増えてしまい、今月は13日もあり、登れる回数もしぜんと減っています。結局はハードスケジュールでした。手馴れたのは弁当作りです。今朝は仕事の為の弁当を作っています。
 家では、みどりさんのブログを読ませていただいて、文芸などに親しませていただいています。
2016/04/24 06:45  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/860-8ca532da

| メイン |