続『ラフカディオ・ハーン再考 100年後の熊本から』4
2016/04/28(Thu)
 西川盛雄著 4「橋の上」考 を読みました。
 先ずは、手元にもあって、以前読んだことのある平川祐弘訳の「橋の上」を通読しました。
 自分を乗せた車夫が、熊本の白川に架かる橋の上に差し掛かったとき、23年前にこの橋の上で経験したことを語ってくれるのです。西南戦争で、戦火を逃れてこの橋の上にさしかかったとき、川を見ていた3人の百姓風の男に「ここに止まれ」といわれて、それがすぐ武士だとわかって、怖くて動けず黙ったままじっと川を見続けた間に起こった怖い話でした。馬で通りかかった政府軍の軍人をすばやく3人で首を刎ね体は川に捨て首は蓑のなかに隠し持ち、馬は鞭でたたいて遠くへ逃がした。おなじことをまた繰り返したが、自分は怖く黙って一部始終を見ていたというのです。車夫は以後そのことを他人にしゃべったことはないといいました。どうして?と訪ねると、そんな恩知らずなことはできないと応えたという話です。
 西欧人からみて、この日本人独特である恩知らずなことはできないという倫理観を述べたものです。
 再考では、まず、ハーンの日本人に対する見方《日本人の生活のたぐいまれなる美しさ、世界の緒他国のそれとはおよそ趣を異にしているあの美しさは、ヨーロッパかぶれのした上層階級のなかには見いだされないのである。これはどこの国でも同じことだが、日本のうちでも、この国の国民的美徳を代表している一般大衆のなかにそれは見いだされるのである。》という思いを述べた代表的作品であることにふれられています。
 つぎに、橋はいろんなところを行き来することができる機能を持っていますが、戻り得ぬ橋として、ヨーロッパかぶれする日本が、このような美徳を失ってゆくことへの危惧を、ハーンが感じとっていたことが示唆してあります。
 時代背景としての23年前の西南戦争。荒木精之『熊本歴史散歩』からの引用《熊本城下は上へ下への騒ぎであった。三発の号砲は戦争の開始を人民に知らせる合図であった。市民はすぐ立ち退かねばならぬ。そこに天守閣の火事、その火の柱は空高く黒炎を巻き上げ、すさまじい火焔をふいて城下の街々に火の粉を降らし、惨憺たる焦土と化した。道に土下座して合掌念仏を唱える老人もあれば土下座したまま立つ気力もなく「おそろしか、おそろしか」と繰り返している者もあった。》とその戦争を弾薬をかいくぐってすぐ立ち退かなければならなかったそのときの市民の状況が写し取られてもいます。
 去年から、ひまひまに、この熊本大学の小泉八雲研究会の編集された『ラフカディオ・ハーン再考』そして、続『ラフカディオ・ハーン再考』を読ませていただいています。この4月14日夜からの大地震の報を息を潜めて見つめながら、この編集に関わっておられた先生方は大丈夫だっただろうかと日夜思っておりました。くわえて、熊本城の崩落を見て、この震災の酷い状況への落胆に心を痛めておられるのではないかと思っています。
 一日も早い収束と復興を願っています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<続『ラフカディオ・ハーン再考 100年後の熊本から』5 | メイン | 『浜田城炎ゆ』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/862-f8582cef

| メイン |