『すみよし』6月
2016/06/17(Fri)
 風呂先生が寄稿されている『すみよし』6月をよみました。
 風呂先生の寄稿文は「求めるべきものは、成長より幸せ!」とタイトルが付けられています。ハーンの講演記録『極東の将来』、兼好の『徒然草』題8段、ウルグアイの前大統領ホセ・ムヒカ(世界でいちばん貧しい大統領)の絵本からの抜粋を元に、コストのかかる文明・文化や生活、経済の成長、に警鐘をならし、これらを追い求めることの愚かさについて語られてありました。
 『極東の将来』については、熊本大学小泉八雲研究会・編『ラフカディオ・ハーン再考』の付録に収録されているのを読んでいて、感動したのを覚えていましたが、これを機会に再度読み返しました。ハーンは、講演の最後に、地元熊本の「熊本スピリット」である、生活する中で単純、善良、素朴なものを愛し、不必要な贅沢と浪費を憎む心。その古くから美徳だった生活様式の素朴さと生活の誠実さを守ることが、日本の偉大な将来にかかっていると結ばれています。
 このたび熊本で甚大な災害がありました。先日のハーンの会で、一足早く出席された田中先生が、直前熊本に行かれた様子について、熊本の人たちは、この災害での復興を、新しく作り変えるチャンスだととらえておられ、その災害にめげず積極的な思考に感動されたことを話してくださいました。
 災害の多い日本にあって、ひごろの「熊本スピリット」が復興に立ち向かう精神にも繋がっていることを改めて感じました。
 そして、価値あるものを価値あるところにと、ハーンの長男一雄誕生のとき、秋月胤永(かずひさ)が祝いに送った自筆の掛け軸をお持ちだった風呂先生は、それを翌日6月12日、熊本に寄贈する為に持参された風呂先生の粋な計らいにも感激しました。

 『すみよし』では、宮司 森脇宗彦氏の『「正直」考』を読みました。これもありがたいお話でした。神代の時代から、神が、正直であることを最大の徳目としていることが伝わってきます。締めくくりに、《6月は大祓の月である。多くの企業も今年も大祓をしてほしい。そして会社にたまった垢を取り除いてもらいたいものだ。個人も同様に心身の大祓いをしてほしい。きっとその先には明るい神の光が射してくるであろう。》あり、神社の役割で人心一新に一役買う決意です。
 この『すみよし』を読ませていただくようになって、住吉神社について、夫から「住吉は海難から守ってくれる神社」くらいな簡単な説明を聞いていましたが、先日『天平の甍』を読んでいて、733年に渡唐の遣唐使船でのこと、《この暴風雨のあとは、船中はひたすら神仏への祈りに明け暮れた。住吉神社や、観音への祈願が行われた。》とある部分に触れ、このような時代に身近に祈祷などがされていたことに半分さもありなんと思って印象に残っていました。
 このたび、夫が定期購読していた週刊『日本の神社』22の 『古より難波を守護する住吉神社の総本山 住吉大社』を開いてみました。70cm×30cmのCG鳥瞰図があり住吉大社の偉大なたたずまいに圧倒されます。ずっと開いていくと、「聖地のミステリー神功皇后をめぐる神と人応神天皇誕生の裏に隠された古代史最大の謎・・・」とあります。今晩はこれを読みながら眠りに就きます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<< 『平家物語』 | メイン | 第190回「広島ラフカディオ・ハーンの会」参加記録>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/875-503b7849

| メイン |