2016/08/18(Thu)
 月がとっても青いから 遠回りして帰ろ ・・・という歌がありましたが、今まさに外は満月で、煌々と月が照っています。

 そして今、こんな満月の夜中の3時に夢を見て目が覚め、パソコンに向かっています。
 夢はシャボン玉のようにすぐ記憶のから消えるのですが、とりあえず、今思い出せることといったら、社会教育によって、世の中が、すこしづつ変わっていくというものでした。それは、ある昔の風景の映像が、徐々に変わっていくという、不思議な夢でした。
 どうしてこのような夢を見たのか考えているうち眠れなくなって、とうとうパソコンにむかったのでした。
 昨日、6時半まで仕事をして、やれやれ疲れたと思っている矢先に、夫から電話で、帰りに吉本さんが寄ってほしいんだって、と伝えてきました。お父さんにどうぞと言って収穫したりっぱなイチジクを下さいました。
 吉本さんは昨年ご主人をなくされて、今は大きな家に一人で住んでおられて、時々声をかけてくださいますが、公民館に嘱託で長年勤務されていました。
 その公民館は、地元の公民館で、偶然にも夫が現場監督で、何もないところから、建ちあがっていく姿を、幼い我が子といっしょに見守った公民館でもありました。夢のきっかけは吉本さんだったにしても、15日に、夫がこの公民館で活動した当時の青年達の同窓会に招かれて出席したので、その送迎をしたことではないかと思えます。夜逃げをして東京に行ったY君がお盆に帰ってきたので開かれた同窓会なのだそうです。なんと、そのY君が東京でりっぱな建設会社を起こして活躍していると言うのです。おなじ建築業の夫はその仕事内容に感動して、帰る道々、さっそく私に話して聞かせました。ゼネコンに勤務していたY君は、父親の事業の失敗で、東京にゼネコンをたよって父親と夜逃げをしたというのです。後を追って、残って大工の棟梁の家から、夜間高校に通っていた弟が卒業するや彼の元に来て、3人でそれぞれの能力を発揮して立派な仕事をしているのです。建てるのはお寺です。今東京のお寺では、地震に備えて、見た目以前のお寺の姿ですが鉄筋コンクリートで建て、信徒の方々がいざというとき避難できるように設計されているそうで、門徒の方々からの寄付も多いということのようです。会社案内のホームページを見ますと、仕上がった大きなお寺の写真が載っています。それぞれがすばらしく美しいものです。
 もともとお父さんが周防大島の出身ということを聞いて、夫が、もしかして先祖は船大工で、それが宮大工になったと言う経歴ではないのかと聞いたら、そうだと答えたそうです。以前、岡山県総社市の国の重要文化財である備中国分寺の五重塔を夫婦で見に行ったことがあります。五重塔も重文ということで60年に1回くらいしか開帳されないのですが、その修復工事をした藤木工務店と市教育委員会の人が一緒にいって鍵を開けて説明しながら見せてくださいました。その時、この建物はその昔、船大工によって建てられたと説明を受けました。
 さらに、このお盆には、日本の水軍の歴史についての本を夫婦で読んでいました。それらのことから、Y君の今の偉業への工夫がご先祖のDNAだと思ったのではないでしょうか。私は、今年になって仏陀の本を読んでいたこともあり、こういったお寺のありようにも感動したのでした。地震に耐える寺社建築のY家の男達の工夫への努力が充分すぎるほど理解できる夫に、公民館活動で知り合って結婚し、苦労したY君の奥さんが泣いて喜んだと夫はうれしそうでした。そんなことからの夢ではなかったかとも思えたのでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<「海賊から水軍へ」 | メイン | さるなし酒>>
コメント
-  -
 今夜も月が美しく見惚れました。
白っぽい雲が月の周りを囲んで一瞬目玉焼きを連想しましたが、雲の動きが早いので、出たり入ったり次々と姿を変えます。
いつまでも見飽きない姿がありましたが、小雨になり、すっかり隠れてしまいました。明け方迄眠れないようでは、翌日が辛い事でしょうね。お仕事休めていますか?夏休みでも児童館には出入りが多いのでしょうね。くれぐれもお身体ご自愛下さい。



2016/08/19 23:17  | URL | みどり #-[ 編集]
-  -
 月見る月には少し早いのですが、堪能できてお互いよかったですね。

 家でも仕事場でも、クーラーのある部屋とない部屋への行ったりきたりが原因なのか、水遣りで庭に出て虫に咬まれっぱなしなのが原因なのか、食欲もなく、お弁当は、少しのご飯にうな重といってもうなぎ一切れ半に、甘く作った錦糸玉子をおおめに乗せたものと、果物だけが定番になってしまいました。
 しかし、今日・明日と休みなので明日はぶっ倒れていてもいいので、今日は、朝から家事にいそしんでいます。
2016/08/20 12:06  | URL | 深山あかね #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/894-3b8614ce

| メイン |