『「暮しの手帖」とわたし』
2016/10/30(Sun)
 大橋鎮子著 暮らしの手帖社平成28年3月発行の 『「暮しの手帖」とわたし』 を読みました。
 先に読んだ、三才ブックス発行の 『大橋鎮子』花森安冶と創った昭和の暮らし が、この本のダイジェスト版ではなかったかと思える作品です。
 なのに、よりくわしくこの作品を読むことがとても心地よく感じられました。
 それは、大橋鎮子と花森安治の人柄と情熱によるものです。
 作品の最初にかかげられた、石井好子のエッセイにもそれを感じます。
 第六高女で後輩だった石井好子が、1948年に離婚して困っているとき、仕事をしないかと心配して声をかけてくださったことがあり、そのときは、歌手を目指していたので断りました。アメリカやフランスに住んで、1954年頃、そろそろ日本に落ち着かなくてはと思っている頃に、原稿など書いたこともないのに、「パリから帰ってきたのだから、パリのことでも書きなさいよ」とすすめられ、さらに花森安冶さんにも勧められ、つぎつぎ思い出の食べ物を書き、『暮らしの手帖』で連載がはじまり、それが1冊の本『パリの空の下オムレツのにおいは流れる』となり、ベストセラーになって、1963年、日本エッセイストクラブ賞をいただいたというのです。以後、自分にとって大切な人となります。大橋鎮子が、1994年東京都文化賞を受賞したときには、自分は審査員をしていたので、決定するや伝えに行って「あなたは今まで人のために尽くしてばかりいたけれど、今度は私たちが大きなパーティーを企画するからいいかしら?」と言ったら、うっすら涙を浮かべて、「あなた、本当の友だちだわ」と喜んでくださったとありました。
 そして、作品の終わりのほうに掲載されている、花森安治が亡くなって1ヶ月のちに大橋鎮子のもとに届いた田宮虎彦からの手紙にも心惹かれました。 《花森君があれだけのことができたのは、もちろん花森君が立派だったからにちがいありませんが、やはりあなたの協力があったからこそだと思います。こんなことを私が言うのは筋違いであり、おかしなことかも知れませんが、花森君が力いっぱい生きることが出来、あのようにすばらしい業績を残したことについての、あなたのお力に対し、あつくお礼申し上げます。・・・・》
 つづいて、花森安治の遺書が掲げられています。
《「・・・読者のみなさま、本当にながいこと、暮しの手帖をお愛読下さいまして、ありがとうございます。昭和23年創刊したときは1万部でした、あれから30年、部数が90万になりました。これは、みなさまが1冊、1冊買ってくださったからこそです。広告がないので、ほんとうに1冊1冊買っていただかなかったら、とても今日まで続けてこられませんでした。そして私の理想の雑誌もつくれなかったと思います。力いっぱい雑誌を作らせていただき、ほんとうに有難うございました。それにあまえて、お願いがあります。いままで暮しの手帖を読んだことのないひと、一人に、あなたが暮らしの手帖を紹介して下さって、一人だけ、新しい読者をふやしていただきたい。これが僕の最後のお願いです・・・」》これは、暮らしの手帖にも掲載されたそうです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<『“べっぴんさん”坂野惇子の生涯』 | メイン | 『大橋鎮子』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/912-9143d2d2

| メイン |