実験第1日目
2016/11/30(Wed)
 11月29日(月)晴れ
 朝10時前、和子さんとけい子さんがきて、けい子さんの車で、目的地へ・・・。
 私たち3人は、和子さんの提案で、けい子さんの資金提供で空き家になって久しいけい子さんの実家を蘇らせる活動を続けてきました。敷地にある、工場だった建物のなかの機械類は処分することができていませんが、活動日には必ずそこも鍵を開けて、風をとおし、片付けの用に使います。二つのプレハブの物置も風を通します。
 この活動が、3年目を迎えようとしている矢先、けい子さんの妹が仙台の生活を閉じて、嫁ぎ先の実家に夫婦で帰ってこられました。蘇った御自分の実家を見て感激し感謝して下さいましたが、私たちも、3人で楽しませていただいたことを感謝しました。
 私たちは、活動のあと私の家で夫の料理を食べるのがいつのまにか恒例になっていましたが、その晩餐に妹さんも加わって下さり、妹さんの主人が、難聴のため会社を辞め、現在、東京大学の講座を受けるため東京に行っておられることを話して下さいました。
 私も32歳のとき広島大学で講習を受けたことがありました。最初は東京だけで行われていたこの講習が、各地方の国立大学1校ずつで行われることになり、中国地方では広島大学が100人限定で実施していたころでした。今では私立でも在学中に受けられるようになっているようです。そんなことを思い出していました。
 そして私が九州に行く直前、御主人も東京から帰ってこられ、3人でその講座について伺いました。もうひとり、福岡からも聞きにきておられました。(話を聞きたい人があれば、東京大学からも出前講義にきて下さるということでした。)
 5人で話し合った結果、2つのことを計画しました。ひとつはご主人がすでに綿密に実行し始められていて、そのことの説明も詳しく聞きました。そうしてもうひとつのことは私が提案しました。
 九州旅行と、帰ってからの忙しい日々に、すっかりそんなことは忘れておりましたが、それを実行に移す計画第一日目がきて、このたび目的地の妹さんの家に行きました。
 ご主人は東京に行っておられたのですが、私たちのために、大きな機械でやる仕事は済ませてくださっていました。あとの仕事の手順を話し合い、いろいろな仕事を昼食を挟んで4人で協力してやりました。和子さんの仕事の要領のよさにはいつも感心させられます。また、妹さんは、この4人のメンバーの中にいることがとても幸せそうで安心しました。一人ではとても疲れてやる気にはなれないことでも、みんなでやれば楽しくできることの輪にいることの幸せをかみしめる一日でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<九州旅行・水俣 | メイン | 九州旅行・開聞岳登頂>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanbachindochu.blog106.fc2.com/tb.php/921-274f5954

| メイン |